NHK札幌放送局

ウポポイ入場者10日で1万人超 #アイヌ

ウピシカンタ

2020年7月22日(水)午後6時53分 更新

白老町にあるアイヌ文化の発信拠点「ウポポイ」の入場者数は、7月12日のオープンから10日間で1万人を超え、ウポポイの担当者は「感染症対策で予約制をとっている中、まずまずのスタートだ」と話しています。

アイヌ文化の発信拠点となる民族共生象徴空間「ウポポイ」は7月12日にオープンし、入場者数が21日までの10日間で合わせて1万563人に上りました。
平均では休日がおよそ1800人、平日がおよそ1000人で、新型コロナウイルスの感染防止策として行っている入場制限の上限には達しなかったということです。
ウポポイによりますと、オープンして以降、連日天候に恵まれ、アイヌの集落「コタン」を再現したエリアでは見学者の列ができるなど、屋外プログラムの人気が高かったということです。
ウポポイの担当者は「感染症対策で予約制をとっている中、まずまずのスタートだ。新型コロナウイルスの感染状況を見ながらプログラムの見直しも検討していきたい」と話しています。

2020年7月21日

ウピㇱカンタ あちこちで(アイヌ関連情報まとめ)

関連情報

札幌でアイヌ民芸品の展示販売会 #アイヌ

ウピシカンタ

2020年3月2日(月)午後5時06分 更新

“許可得ずにサケ捕獲”道が告発 #アイヌ

ウピシカンタ

2019年9月3日(火)午後8時11分 更新

ウポポイ開業から1年 学校教育との連携強化へ

ウピシカンタ

2021年7月12日(月)午後5時44分 更新

上に戻る