NHK札幌放送局

北海道観光に再び光を  カギを握るのは「アドベンチャートラベル」

ほっとニュースweb

2023年1月17日(火)午後2時33分 更新

コロナ禍からの本格的な回復を目指す北海道の観光業界。成長のカギを握るとされているのが「体験型」の観光ツアー「アドベンチャートラベル」です。北海道で世界規模の国際商談会「ワールドサミット」が予定されている今年。かじ取り役を担う業界団体トップが描く戦略とは。
(札幌放送局  竹村知真) 

かじ取り役「観光振興機構」

北海道内の観光事業者を率いる「北海道観光振興機構」。そのトップを務めるのが小金澤健司会長(62)です。
小金澤さんは20年余り前から札幌でコールセンターの会社を経営。道産食品を海外に売り込む事業も手がけるなど、その多角的な経営手腕を買われ、半年前、機構のトップに就任しました。

北海道観光振興機構  小金澤健司会長
「『改革』をできるだけスピード感を持って、できるだけフットワークを軽くっていうのが私の使命なのかなと思っています。他の地域と同じことをやっているだけでは、きっと難しいだろうと考えています」

カギを握るのは「アドベンチャートラベル」

小金澤さんが北海道観光の成長のカギを握ると考えているのが「アドベンチャートラベル」です。大自然や文化の体験を重視した欧米を中心に人気の「体験型」観光ツアーです。
今年9月、北海道では各国がツアーをPRする世界規模の商談会「ワールドサミット」が開催予定。約60の国・地域から観光業界の関係者800人ほどの参加が見込まれています。
商談会では参加者に北海道の「アドベンチャートラベル」を体験してもらうため、道内各地を巡る50以上のツアーが実施される予定です。小金澤さんは「ワールドサミット」の開催は水際緩和後の訪日客を取り込む、またとないチャンスになると考えています。

北海道観光振興機構  小金澤健司会長
「自然と文化とアクティビティーっていうのをどうやって構成するか、まさしく北海道が得意としている分野に、さらに取り組んでいかなければいけない。北海道の『売り』をつくっていくことが必要だと思っています」

ヒントは身近なところに

北海道の「アドベンチャートラベル」をより魅力あるものにする上で求められているのが、夜の時間=「ナイトタイム」を楽しめるツアーの開発です。
そのヒントを探るため、夕暮れ時、小金澤さんとともに札幌の街を歩きました。
訪れたのは、繁華街・ススキノを流れる「鴨々川」のほとり。一見、何の変哲もない小川ですが、こうした身近なスポットにヒントが隠されているといいます。

北海道観光振興機構  小金澤健司会長
「雪の時期、この川の両側に、例えば行灯(あんどん)が並んでいたりすると、日暮れの時間ぐらいから、とっても映えると思うんですよね。夏の緑の季節もそうだし、川沿いに並んで植わっているのは桜の木なので、桜の時期だったら、ものすごくきれいだと思いますよね」

「鴨々川」の川沿いをさらに10分ほど歩くと、そこは「中島公園」。公園内を進むと、洋館の窓から明かりが漏れる様子が見えてきます。明治時代にホテルとして建てられた「豊平館」です。
こうした地元の人にとっては見慣れたたたずまいでも、訪日客にとっては“ここだけにしかない”「ナイトタイム」の魅力になると、小金澤さんは考えています。

北海道観光振興機構  小金澤健司会長
「街中から少し歩いただけで、こういうものがある。こういう場所って、なかなか他の地域でもないと思うんです。自分たちが日常、感じていて普通だと思っていることでも観光コンテンツになることはたくさんあります」
「例えば、『アドベンチャートラベル』の1つの要素として、『ヨガ』って、すごく重要視されているんですよね。海外の人と『ヨガ』の話になった時、実は日本では『ラジオ体操』っていうものがあって、子どもたちは朝、みんな、ラジオ体操をするんだよと言ったら、今後、日本を訪れたら、ぜひ体験させてほしいと言われたんですよ。身近にあるものがコンテンツになることに気づき、それをしっかりとプロモーションしていく必要があるんだと思います」

小金澤さんはこのほか、北海道の酒蔵や醸造所を巡る観光ルートや自然を生かして心身の健康増進を図ることを目的としたツアーなど、新たなプランの開発を後押ししていきたいとしています。

北海道観光の「リボーン」

コロナ禍で疲弊した観光業界に再び光を。小金澤さんの構想力とリーダーシップに、そのかじ取りが委ねられています。

北海道観光振興機構  小金澤健司会長
「今年を北海道が『リボーン』を遂げる1年にする。『日本の中でも特別な存在ですよ』、『北海道観光が日本の観光をけん引していきます』っていうことを示す『元年』になるのだと思っています。各自治体や地域の関係団体との協力は不可欠ですし、そういう方たちといかに連携して進めていけるか。それが成功の鍵だと思っています」

北海道の観光に関する記事はこちら
“円安”広がる影響 そのメリットとデメリット

関連情報

厚真町の森を取り戻したい 町内唯一の林業会社の挑戦

ほっとニュースweb

2023年9月4日(月)午後3時45分 更新

“孤独に寄り添う”小樽のシンガーソングライター

ほっとニュースweb

2022年8月26日(金)午後7時44分 更新

北海道 鉄道からバスに転換したものの…

ほっとニュースweb

2022年10月14日(金)午後2時51分 更新

上に戻る