NHK札幌放送局

高校生がつくった大仏って?(石狩南高校・図書局)

NHK高校放送部

2020年9月18日(金)午後3時56分 更新

甲子園、全国高校総体、全国吹奏楽コンクール、全国合唱コンクール…高校の部活動の集大成となる舞台が新型コロナの影響で次々と中止となり、取り組んできた生徒が努力を披露する場がなくなってしまいました。 そうした中でNHK北海道では放送やネット発信を通じて道内の高校生を応援するプロジェクトとして「NHK高校放送部」を結成しました。
高校生の皆さんの活動を総合テレビの道内向けニュース情報番組「ほっとニュース北海道」でお伝えするほか、5分のミニ番組も制作し、放送とネット双方で高校生の“輝き”を随時、お伝えしていきます。 今回は石狩市の石狩南高校の「図書局」から投稿をいただきました。

~投稿内容~
初めまして、私は石狩南高等学校、図書局の局長をしています。私たちが疫病退散を祈念して制作した大仏(7メートル弱)を、取り上げていただけないかと思ってメールしました。新型コロナウィルスによる休業があけた時、「昔からこんな時、日本人はどうやって乗り切ってきたんだろう?」と局員同士で話し合ううちに、「そうだ!大仏を造って疫病の収束を願ったんだ!」という話が盛り上がってしまい、6月から1ヶ月かかって、ダンボールと新聞紙だけで、ホールに薬師如来をつくりました。薬師如来の縁日である(7月)8日に大仏建立記念式典を挙行し、テープカットも終了しました。紙だけでつくったにしてはよくできたと思っています。生徒たちにも結構人気です。何かの機会があれば、よろしくお願いします。

「高校生が大仏?」「段ボールと新聞紙だけ?」「結構人気がある」…どんな姿なんでしょうか。
取材班がさっそく高校へと向かいました。

投稿を寄せてくれた石狩南高校 図書局長 田中さん


石狩南高校「図書局」とは

石狩南高校の図書局は高校の図書室の本の貸し借りや校内新聞の発行を行っています。メンバーは約20人。道内全域の図書局が活動をアピールしあう「図書館活動グランプリ」では優勝した経験もある“強豪校”です。
高校の学校祭では古本市を開くとともに段ボールを使った作品を制作して発表しイベントを盛り上げてきましたが、ことしは新型コロナの影響で例年行っていた活動はここまですべて中止になりました。


“疫病退散” 大仏をつくる

この状況で落ち込んでばかりはいられない。少しでも自分たちが元気づけることはできないか。

図書局の局員のなかから出てきたのは「こういうとき、昔から日本では大仏の力を借りたよね」というひと言でした。こうした局員の発想をもとに、さっそく大仏づくりを検討しました。
図書室にある仏像関連のさまざまな資料を検討した結果、病を治すご利益があるとされ信仰の対象とされてきた薬師如来像をモデルとすることにし、校舎の中にたてることが可能な大きさなどを検討しました。

材料は段ボールや自分たちが発行してきた校内新聞のあまりを使い1か月かけて制作にあたった結果、高さ約7メートルの大仏が完成し、校内のホールに設置されました。

最も難しかったのが胴体に頭を据える工程だったそうで、無事据え付けた瞬間、周りにいた他の部活動の生徒たちも一緒になって歓声を上げたそうです。


早くも“ご利益”?

この大仏を完成させた後、ちょっとびっくりしたことがあったという話を聞き、図書局員の宮武俊輔さんに聞くと?

「ちょうど完成した時に局員全員で“やった!”と喜んだすぐあとにテレビのニュースを見たら“感染確認が札幌市で0人と発表”と報じていました。これを見て“さっそく効果あった”と局員一同喜びました」。図書局によると大仏完成後も感染確認された人の数が1週間くらい1桁続いたということです。実際どのくらい“ご利益”があったかは定かではありませんが完成後、お参りする生徒や保護者も現れるなど大きな反響を呼びました。


今後の「図書局」の活動は

石狩南高校図書局は、自分たちでイベントを企画・開催しています。例年は、夏の大会の前の時期には運動部の壮行会を企画したり、クラシックコンサートを秋に開催したりと「図書」という枠には収まりきれないほど幅広い活動を行っています。
ところが新型コロナウイルスの影響でこうした活動は、ほぼ中止になり、高校生活最後の1年となる3年生にとっては、大仏づくりが今年度「図書局」として唯一の活動になっています。

投稿で取材を寄せてくれた図書局長の田中ほのかさんは「高校最後の3年生で大仏づくりができるとは思ってなかったし、ありがたいです。活動がいろいろできなくなる中で何かつくりあげる機会になったことに感謝したいしいろいろ出来てうれしかったです」と笑顔で話していたことが印象に残りました。


取材をしたNHK高校放送部員

西阪太志アナウンサー
普段はサッカーを中心にスポーツ実況を担当。
高校時代はアメリカンフットボール部に所属。(白の71番)
「もっと練習しておけば良かったなあ」といつも思っている。
目標はアメリカプロフットボール・NFLのスーパーボウルを実況すること。
「図書局の皆さんがイキイキと活動について話してくれる表情から、
 大仏づくりが本当に楽しかったんだなということが伝わってきました。
 今回、取材に行って、皆さんに会えてとても嬉しかったです!
 石狩南高校図書局の皆さん、ありがとうございました!」

NHK高校放送部では、「取材してほしい!ちょっと聞いてほしい!こんなことにチャレンジしたい!」などなどメッセージをお待ちしています!

2020年9月18日

NHK高校放送部


関連情報

マイナークラブ探しの旅・その②「北星学園余市高等学校」

NHK高校放送部

2020年10月30日(金)午前10時22分 更新

ただの図書局じゃないんです!(石狩南高校・図書局)

NHK高校放送部

2020年10月2日(金)午後5時38分 更新

「NHK高校放送部」30秒版!PR動画収録でのひとコマ

NHK高校放送部

2020年10月16日(金)午後1時59分 更新

上に戻る