NHK札幌放送局

若者の胸を躍らせて半世紀「4プラ」が閉店

ほっとニュースweb

2022年2月4日(金)午後2時39分 更新

「ありがとう。4プラ、ありがとう」
大勢の人たちから拍手を送られながら、ゆっくりとシャッターが閉まりました。 1月31日に最後の営業を終えた「4丁目プラザ」。「4プラ」の愛称で、半世紀にわたって札幌のファッションと若者文化をリードしてきた商業施設でした。 多くの若者たちと同じく4プラとともに青春を送った女性も、最後の日を特別な思いで迎えました。 (札幌放送局記者 山口里奈)

ファッションの流行を発信 若者集う場所に

4丁目プラザが誕生したのは1971年9月。札幌駅前通に面した「南1条西4丁目」の一角に開業しました。

建設中の4丁目プラザ〔右側の建物〕(1970年)

冬のオリンピックが開かれる前年、札幌の街が激しく変わろうとしている時代でした。

ファッションにこだわったテナントが集まり、多くの若者たちが足を運びました。開業から6年後の1977年には「自由市場」が7階にオープン。月々の賃料、1坪1万円で店を出せることから、若者たちがこぞって店を出しました。古着屋やアクセサリーショップなど個性あふれる小さな店がひしめきました。

今は札幌でカフェを営む星川洋子さん(44)も、かつて自由市場で夢を探していた1人でした。

星川洋子さん
「一番思い出があるのが7階にある自由市場だったんですよね。お店との距離がすごく近くて小さい店がいっぱいあったので、本当にフリーマーケットみたいな、もう、ぎゅうぎゅうの人をかき分けていく、あの熱気。上がった瞬間にもうわくわくするみたいな」

4プラが夢の原点に

幼いころから物を集めることが好きだった星川さん。高校時代、週に1度は4プラを訪れました。

海外の雑貨が集まっていた自由市場の店を渡り歩き、自分のお気に入りの品が見つかるまで、何時間も過ごしたといいます。いつしか「自分もここで雑貨店を開きたい」と思うようになっていきました。

星川洋子さん
「アルバイトしてためたお金、給料日になったら街に出てきて、4プラは必ず寄っていました。雑貨が好きで雑貨が好きで、将来何やりたいかなと思った時、もうそれしか頭になかったんですよね」

高校卒業後、星川さんは雑貨店を持つことを夢見て、勉強のためにオーストラリアに留学。帰国後に開店を目指しましたが、周囲に「もうからないからやめたほうがいい」と言われ、一度は断念しました。

留学当時の星川さん〔左端の女性〕

その後、喫茶店などの仕事を転々としながらも夢を諦めきれず、自由市場に足を運んでは様子をうかがっていました。

そして、2013年の秋、ちょうど店舗が空くことに。「やらせてください」と手を挙げ、ついに自由市場に念願の雑貨店を開くことができました。

星川洋子さん
「本当に自分が憧れていた4プラで、お店を出したんだって、びっくり。ほんとっていう信じられない感じでした」

星川さんが自由市場に開業した雑貨店

自由市場で雑貨店を営業していたのは6年間。売り上げを確保しなければならないつらさもありましたが、楽しい思い出だったと振り返ります。

星川洋子さん
「若い人たちから『私もこういう店やりたいです』とか言われて、なんかうれしかった。4プラへの恩返しになったかなと思って。少しは若者に夢を与えられたかな」

星川さんは子育てで雑貨を海外に買い付けに行くことが難しくなったため、3年前、店を閉め、4プラを離れました。

カフェを経営する今、心がけているのは「お客さんと常に近く接すること」、そして、「来た人にわくわくする気持ちを味わってもらえること」。4プラの店を切り盛りする中で学びました。

4プラが営業を終えるという知らせを受け、いつかなくなることは分かっていたものの、悲しさが胸をよぎったといいます。

閉店しても心の中に生き続ける

雪が降りしきる閉店の日。星川さんは、3歳の息子を連れて4プラに駆けつけました。

「ハッピーエンドで終了することができました。愛と感謝を込めて御礼申し上げます」

運営会社の社長が最後のあいさつを終えた午後8時すぎ、シャッターが降りていきました。

「終わっちゃったよ。ありがとう。4プラ、ありがとう」

閉まったシャッターを前に、思わず語りかけている星川さんの姿がありました。

星川洋子さん
「まだ実感がないですけれど、さみしい。本当に青春でした。自分の青春だったなって思いました。夢をもらったので、4プラのことを忘れないで、これからもまた夢を与えられる存在になっていきたいなと思います」

寂しさをかみしめながらも、思いを新たにして星川さんは4プラを後にしました。

札幌の若者たちが胸を躍らせた特別な場所、4丁目プラザ。
閉店しても多くの人たちの心に生き続け、再び新たな夢を生み出してほしいと願います。

このほか札幌の商業施設の動きは…
デパートが模索 新たな販売方法 感染防止と商売と

関連情報

“退役する翼”に寄せる思い

ほっとニュースweb

2022年1月21日(金)午後3時40分 更新

ハスカップとともに生きる

ほっとニュースweb

2021年9月6日(月)午後2時37分 更新

北海道新幹線開業5年 どうなるの?並行在来線

ほっとニュースweb

2021年3月26日(金)午後0時10分 更新

上に戻る