NHK札幌放送局

高校でヒグマ問題を考える授業 #ヒグマ

ヒグマ情報

2020年7月17日(金)午前11時37分 更新

去年、札幌市でヒグマの出没が相次いだことを受けて、市内の高校でクマの生態や駆除の問題などを考える授業が始まりました。

クマについての授業が行われたのは札幌市厚別区の札幌啓成高校です。
去年8月、札幌市南区の住宅地でクマの出没が相次いだことを受けて、人とクマの共生について考えてもらおうとこの授業が導入されました。16日の最初の授業には、受講を希望した2年生20人余りが参加しました。
授業で生徒たちはヒグマの頭蓋骨や広げると1メートル以上もある毛皮などの実物をみながら、クマの生態を学びました。

このあと植物図鑑を持って学校の外に出て、クマが好むクルミやどんぐりがなる木を熱心に調べていました。

授業を担当した植木教諭
「この授業を通して科学的な知見に基づいた野生動物との距離感や対応方法について考えてほしい」
授業を受けた女子生徒
「どうしてクマは駆除されてしまうのか、肯定的な意見も聞いたうえでどうすべきか自分なりに考えたいです」

高校ではこうした授業を重ねて、来年2月に、クマをめぐる問題の具体的な解決策を提案する発表会を開くことにしています。

2020年7月16日

ヒグマ情報まとめページ
ヒグマ情報2020はこちら

関連情報

羅臼町で「クマ端会議」ヒグマ対策を知る講座

ヒグマ情報

2021年11月22日(月)午後1時19分 更新

ヒグマに襲われる事故で死傷者12人 過去最悪

ヒグマ情報

2021年12月30日(木)午後9時43分 更新

「野生動物餌付け規制」自然公園法改正案 閣議決定

ヒグマ情報

2021年3月2日(火)午後6時30分 更新

上に戻る