NHK札幌放送局

アサリ特産の能取湖 潮干狩りにチャレンジ!

道北チャンネル

2023年6月14日(水)午前9時48分 更新

網走市の能取湖では特産のアサリの潮干狩りを楽しむ人たちでにぎわっています。私は長年地元で暮らしていますが、実は潮干狩りをしたことがありません。どんな魅力があるのか、実際にチャレンジしてみました。

汽水湖の能取湖はアサリが特産品の1つで、潮干狩りを楽しむ人たち向けに毎年4月から東側の湖岸が開放されています。干潮で潮が大きく引いた6月4日の午前中にはおよそ500人が潮干狩りに訪れ、1時間ほどでバケツいっぱいのアサリをとる人もいました。
網走市内の中学1年生の男子生徒は「ことし2回目です。こんなにいっぱいとれています。家族みんなで来ているので楽しいし、うれしいです」と、ザルにたっぷり入ったアサリを見せてくれました。北見市から訪れた男性は「潮干狩りは楽しいですね。とったアサリは酒蒸しやみそ汁にして食べます」と、満喫した様子で話していました。

能取湖では熊手などを使った潮干狩りは砂を掘り返してアサリが住みやすい漁場を作る耕うん事業に協力する人だけに許されていて、使う人は参加届を湖岸にある受付箱に投かんする必要があります。それでも身近に無料で楽しめるレジャーとして、多くの人たちに親しまれているんです。
私も能取湖で潮干狩りができることは知っていましたが、今まで行く機会はありませんでした。今回の取材現場で潮干狩り歴40年の方に「ことしはアサリがいっぱいあるから誰でもとれるよ」と教わり、人生初の潮干狩りにチャレンジしてみることにしました。

休みを使って能取湖を訪れた当日、ちょうど干潮の時間に着くことができました。そこから1時間半、見よう見まねで頑張ってみました。掘っても掘ってもアサリが見つからない所がある一方、いる所に当たると1か所で5つも6つも簡単に出てきます。アサリが出てくると、うれしくなってさらに掘り返します。しゃがんでいるので足がしびれてきますが、そこは我慢。頑張った結果、バケツ3分の2ほどのアサリをとることができました。

家に帰り砂を洗って量ってみると、4.2キロもありました。掘っている時はよく分からなかったのですが、洗ってみると粒が大きく、スーパーで売っている物と比べても遜色ない大きさです。早速砂出しをして、翌日パスタにしました。今が旬の野菜と合わせた「アスパラのボンゴレビアンコ」です。大変おいしかったのは言うまでもありません。

初挑戦でも自然の中で旬の味覚を探す潮干狩りの魅力を目いっぱい満喫することができました。能取湖の潮干狩りは7月15日まで楽しむことができますので、興味のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

網走支局 佐藤公哉

詳しい記事はこちら👇
特産のアサリに笑顔 網走市の能取湖で潮干狩りにぎわう

NHK旭川では、道北オホーツク地方に関連する番組のご紹介はもちろん、道北オホーツクの廃線になった鉄道を振り返る「懐かしの鉄路」、自治体の広報担当者が自ら撮影した地域の旬の話題「ふるさと自慢」、地域でがんばる事業者を応援するプロジェクト「コロナに負けない」、プロバレーボールチーム・ヴォレアス北海道の選手たちの素顔に迫る「イケ行け!ヴォレアス」、家族で楽しめるさまざまなスポットを紹介する「キッズとおでかけ」、地域の課題の解決に向けたヒントを探る「地域の課題」などのコンテンツを発信しています。
すべて気になるかたは「道北チャンネル」のバナーから


関連情報

【ふるさと自慢】置戸町「町の木を使った工芸品 オケクラフト」

道北チャンネル

2023年5月24日(水)午後5時27分 更新

北海道発地域ドラマ「春の翼」特集第1弾!5月11日(水)ほ…

道北チャンネル

2022年5月11日(水)午後4時57分 更新

8月20日(土)午後9:00~ BSプレミアム/BS4Kに…

道北チャンネル

2022年8月18日(木)午後7時14分 更新

上に戻る