NHK札幌放送局

上原美紀子さん

ローカルフレンズ制作班

2022年9月22日(木)午後5時54分 更新

浦幌の夜に煌々と輝く赤提灯。「居酒屋」と書いてあります。札幌の飲み屋街なら赤提灯のお店はたくさんありますが、浦幌ではそう多くはありません。

赤提灯の居酒屋「凪」に行ったのは、ある仲間たちに勧められたから。今週の放送で紹介した浦幌木炭の炭窯修理に関わった人たちです。ここは炉端焼きのお店で、浦幌木炭を使って旬の野菜や魚、肉を焼いて提供しているみたいです。店内に入ると、炭焼きの良い香りが漂っていました。私もさっそく鳥串とサンマを注文。とてもふわふわで美味しかったです。

店主の上原美紀子さんは、浦幌木炭の創業時からずっと愛用していて、こだわりもあるそうです。

店主 上原美紀子さん(66)
炭を使って焼くとやっぱりおいしいし、地元なのでいつでも持ってきてくれるし、重宝に使わせて頂いています!もう16年くらい使っています。やっぱり使い慣れたから、使いやすい。いつでも持ってきてくれるから、一番いい!美味しいって言って食べてくれてうれしいです。

なんと偶然居合わせたお客さんも、浦幌木炭のファンでした。

常連さんは-
食材が本当にふわふわしていて美味しいんです。私も最近はキャンプで浦幌木炭を使っています。この町の伝統的な産業のひとつが木炭で、やっぱり浦幌が好きなので、私もキャンプをするときに「#浦幌木炭」のハッシュタグをつけて投稿したりしています(笑)。
しかも、このお店に集まってくる人たちは本当にいい人達なんです。私が、浦幌で一番好きな所は「人」です。みんな優しくて親切で。それぞれの町の良さがあると思いますが、僕にとってはこの町がしっくりきたんです。最終的には人だと思うんですよね。人によって、つくられて、守られて。

浦幌町ではかつては盛んだった木炭づくりも、一度は消えかかってしまった灯。町の産業を町の人が愛して使っていくことで、この町では笑顔で楽しく、お腹も満たして、自然と町の良さが感じられる場があるのだなと感じました。

最後に店主の上原さんに「ローカルフレンズ滞在記」のチラシを渡すと、ここに貼っておくねと。本日のおすすめに。

おすすめいただき、どうもありがとうございます。

NHK札幌放送局 カメラマン 住田達

2022年9月22日


関連情報

江別の礎を築いた 古き良き“条丁目”

ローカルフレンズ制作班

2022年1月20日(木)午後4時07分 更新

田舎道にメニューのない料理店

ローカルフレンズ制作班

2021年5月13日(木)午後5時17分 更新

命をオシャレに最後まで

ローカルフレンズ制作班

2021年10月1日(金)午後1時00分 更新

上に戻る