NHK札幌放送局

「春の翼」の中山来未さん、桜井木穂さんに見どころと撮影裏話を聞きました!

札幌局広報・事業

2022年6月5日(日)午前11時30分 更新

NHK札幌局では、5月20日に7年ぶりに制作した地域ドラマ「春の翼」 を放送。 舞台は「海鳥の楽園」天売島。主人公は、離島留学を決意した1人の女の子です。 人との繋がりが希薄な“今”だからこそ届けたい、ある一冬の、心温まる物語です。

放送と同日、札幌局では “春の翼スペシャルトーク&パブリックビューイング” を開催しました。

主人公の翼を演じた中山来未さんと、翼の同級生美香を演じた桜井木穂さんが札幌放送局に凱旋!ドラマのみどころや撮影の裏話をお話しいただきました。イベントの様子をダイジェストでご紹介。


はじまりはオーディションから

中山さん、桜井さんのドラマ出演、実は『北海道スタジアム』という番組の企画で行った、オーディションで決まりました。

なんと中山さん、高校生の制服でオーディションに参加されたのだとか。 

中山:「いつか必ず、北海道の作品に出演したいと思っていたんです。絶対に受かりたくて、高校生の役を演じると聞いて、まだ捨てずにあった姉の制服(本物)を借りていきました」

審査員もみんな驚いていたそうです。

桜井:「オーディションはすごく緊張しました。実は公募のオーディションは珍しくて、NHKのドラマに出るのはずっと夢だったので、チャンスだ!と即応募を決意しました。でも私は普通の私服で参加してしまいました!(笑)」


つづいて、ドラマのみどころを放送前に紹介いただきました。

お二人とも撮影中は極寒の天売島の中で、島のみなさんのあたたかさを感じたようです。

桜井:「実は行きフェリーで船酔いしてしまって…。でも、島の皆さんが港で迎えてくださって、すごくうれしかった。」
中山:「撮影中はとても寒かったのですが、島の皆さんが温かくて乗り越えられました。なんといっても、ウミネコがたくさんで、雪と一緒に飛んでいる姿はとてもきれいで感動的でした。」

たくさんの鳥が生息することで有名な天売島、雪の中でもその自然を感じられたそうです。

中山:「雪の中を全力で走るシーンがあるんです。それがすごく大変で、でも注目していただきたいシーンです。」

なんと雪の中でコートを着ずに走る撮影が… 深く思い出に残っているシーンだったそうです。

桜井:「雪合戦のシーンもですよね、あれは大変でした。雪合戦と言っても、ただの楽しい雪合戦ではないんです(笑)」

撮影現場のあたたかさ(きびしさも)が伝わるお話をうかがい、ドラマの放送がスタート、ご来場いただいたみなさんには大画面でドラマを楽しんでいただきました。


撮影の裏話

別室で放送を見ていたお二人。作品として世に送り出される瞬間に緊張されたようです。再び会場の皆さんの拍手に迎えられ、撮影の裏話をうかがいました。


ハルを演じた宮本信子さんとの撮影については、 

中山:「宮本信子さんは本当にすごい人で、撮影中は本当にハルさんのように接してくれました」

宮本信子さん、「ハルさんだったらどんな本を読むかしら」と
60年間島で暮らしてきた“ハルさん”という人を深く考えられていたそうです。

実は、出演者がもう1人会場に!
謙一役の富樫涼太さんも応援で駆けつけてくださいました!そんな謙一さんも参加された、太鼓演奏の撮影については、

中山:「手にマメができてしまうシーンがあるんですけど、本当にマメができていたので、(ケガの)メイクはいらなかったです(笑)」

みんなで真剣に太鼓の練習をした、そんな絆を感じる場面でした。

最後はご来場の皆さんさんと一緒に記念撮影を行いました。

(NHKプラスで配信中)
北海道発地域ドラマ 春の翼 はNHKプラスで6/3まで配信中です。
全国からご覧いただけます。


イベント開始前には、ロケでお世話になった天売島の方々にオンラインでご挨拶。撮影の思い出話などで盛り上がりました。天売島の皆さま、ありがとうござました!!!

詳しくはこちらから→「春の翼」Thank you ミーティング@天売高校

中山来未(主人公・翼役)
桜井木穂(翼の同級生・美香役)
堀口航平/プロデューサー(NHK札幌放送局)
板橋健次/演出(NHK札幌放送局)

ぜひ、こちら↓もお読みいただければと思います。
ビギナー監督のここだけの話


担当:武井杏華(NHK札幌放送局)



関連情報

おうちで土偶AR 応募作品 10-17

札幌局広報・事業

2022年2月4日(金)午後1時00分 更新

【栗山町とAssemble】しぶたにっき007 「栗山町の…

札幌局広報・事業

2022年7月20日(水)午後6時50分 更新

『the Locals #北海道ピットインラジオ』放送しま…

札幌局広報・事業

2020年8月24日(月)午後1時30分 更新

上に戻る