NHK札幌放送局

閣議決定の来年度予算案 アイヌ政策関連は今年度当初比2%増

ウピシカンタ

2021年12月30日(木)午後10時12分 更新

 このほど政府が閣議決定した令和4年度の予算案のうち、アイヌ政策に関連するものは、今年度の当初予算と比較すると2%の増加となりました。

内閣官房アイヌ総合政策室によりますと、閣議決定された来年度の政府予算案のうち、アイヌ政策に関連するものは58億5900万円で、今年度の当初予算と比較すると2%の増加となりました。

このうち31億200万円は、白老町の民族共生象徴空間、ウポポイの管理運営や、大学などで保管されているアイヌ民族の遺骨を慰霊施設に移すためなどにあてられるということです。
また、2年前に施行されたアイヌ施策推進法に基づき、アイヌ文化を生かした市町村の取り組みなどに充てられる交付金は20億5300万円と3%増えました。
またアイヌ民族への差別や偏見をなくすためのインターネット広告やポスターなどによる啓発には600万円と、今年度の当初予算と比べ62%増えました。
ことし3月に日本テレビの情報番組でアイヌ民族への差別的な表現があったことをうけ増額されたということです。

関連情報

日本テレビ 情報番組の差別的表現で検証番組放送へ

ウピシカンタ

2021年7月26日(月)午後10時22分 更新

アイヌの暮らし伝える特別展 北海道博物館で12月まで

ウピシカンタ

2021年10月22日(金)午後7時16分 更新

アイヌ政策推進の交付金 29市町に計19億8500万円余

ウピシカンタ

2021年4月10日(土)午後8時52分 更新

上に戻る