NHK札幌放送局

北海道1,000人の村を支えるローカルフレンズ

オホーツクチャンネル

2021年12月2日(木)午後8時30分 更新

北海道にある人口およそ1,000人の西興部村では地元の人たちと村に魅了され移住した人たちが手を携え、牛乳や村の木を使ったギターなど特産を育んでいました。9月に地元の人と地域の宝を探す番組「ローカルフレンズ滞在記」でその様子を紹介。今回、お伝えしきれなかった「東京からきたイベント仕掛人」の内容と、ローカルフレンズとしてご協力いただいた「髙橋 啓子さん」に放送後のことを聞いてみました。(北見放送局 角 良介)

「東京からきたイベント仕掛け人」

2年ほど前から西興部村で活動している亀津 鴻(かめつ ひろき)さん、ふだんは西興部小学校の英語支援員として勤務しています。

亀津 鴻(かめつ ひろき)さん

東京の大学院に通っていた亀津さん、日々の生活に疲れを感じていました。そのとき、同じサークルだった先輩から英語支援員を勧められました。教員免許を持っていたこともあり、休学し、自然の多い西興部村にやってきたのです。

英語支援員以外に西興部小学校で情報通信技術を活用した教育の支援もしていて、全児童へのタブレット配付の推進や、先生たちからの相談も受けているそうです。

また、中学生が対象の学習塾と交流スペースを融合させた教育施設を2021年11月にオープンしました。施設運営の協力者を募集し、応募してくれた大学生や上興部小学校の教育実習生と協力して、学習の機会を増やし村の教育現場を支えています。

"意外に知らない"地元を知ってほしい イベント企画

亀津さんは9月に地元の食材を使った料理を持ち帰り限定で販売するイベントを開催しました。村で生産されている西洋カボチャの「コリンキーカボチャ」や茎ブロッコリーの「スティックセニョール」など村内に流通していない野菜をふんだんに使いました。もともとは食と音楽を融合させたフェスを計画していましたが、新型コロナの影響で当初の計画を断念。食のテイクアウトイベントへ方向転換し、何とか実現にこぎ着けました。

亀津 さん
「村のことだけど村民に知られていないことがあるなと思い、企画しました。例えば、村で数少ない畑作農家が作る野菜は西興部ではあまり流通していません。今回のイベントでは村で生産された野菜を使った料理や、移住した村民が商品開発したソフトクリームにエスプレッソをかけて『アフォガート』として販売したところ好評でした」

また、酪農の研修生として、村に住むベトナム人に声をかけて、村民との交流のきっかけを作りました。

亀津さん
「ベトナム人研修生たちと村民との交流はあまりなかったのですが、イベントの後、研修生たちとイベントの運営スタッフがご飯を一緒に食べに行くような関係になりました。村民との交流もこれから深まればと思います」

取材依頼をきっかけにローカルフレンズへ

スコップを三味線に見立てて、音楽に合わせて音を鳴らす「すこっぷ三味線」を演奏している髙橋啓子さん。2020年6月にローカルフレンズで演奏している様子を取材してほしいと投稿しました。

その縁で番組に協力するローカルフレンズが集まる会議に参加、西興部を紹介するキーパーソンとして取材に協力していただきました。思いがけずローカルフレンズとして取材することになったときの気持ちを聞いてみました。

髙橋啓子さん
「実際に取材協力をするときは覚悟が決まっていましたが、慣れないウェブでの打合せや、聞き慣れないビジネス用語が多く交わされることに戸惑い、初めのうちは辞めようと思ったこともあります。でも何人かのローカルフレンズに直接会いに行ったとき、中標津の塩崎さんに『一緒に頑張ろう!!』と励ましてもらったことで続ける決心がつきました。取材が終わった今では、大きな挑戦ができたのでローカルフレンズをやって良かったと思っています」

ローカルフレンズどうしの交流は今でも続いており、そのつながりを大切にしていると話してくれました。

髙橋啓子さん

取材をきっかけに広がった新たなつながり

今回の取材をきっかけに、新たな人とのつながりが出来たと教えてくれました。

髙橋さん
「(亀津さんが企画した)イベントをきっかけに出会った人もいて、参加したベトナム人研修生たちから『お母さん』と呼んでもらえるようになりました。この新たな出会いも取材を通じて出来た大きな宝物だと思っています」

放送後にあった変化

西興部編の放送終了後、70件を超える感想やご意見がNHKに寄せられました。
髙橋さん自身も放送後に変化を感じることが多く、村の中で「放送を見たよ」と声をかけてもらえたり、お子さんからは「母さんテレビに出てた?」と連絡があったりしたそうです。

また、最後の放送で「私に会いに来てください!」と言ったところ、本当に5人が北見や網走、遠くでは胆振からも会いに来てくれたそうです。
網走から来たのは昔の友人で、放送を見て「10数年ぶりに会えた」と笑顔で話してくれました。

ローカルフレンズをやってみて思うこと

髙橋さん
「他の市町村のいろんな人にも参加してほしいと思います。1~2日ならともかく、4週連続で地元を取り上げてもらえる機会はあまりないので。私でもできたのだから、ローカルフレンズに参加することは難しくないということを知ってもらえたらと思います」

最後に・・

亀津さんの活動内容やローカルフレンズ取材の裏話を、今回ウェブ記事でご紹介しました。取材にご協力いただいた亀津さんと髙橋さん、お忙しい中ありがとうございました!

髙橋さんは、12月3日(金)午後6時10分から放送予定の「ほっとニュース北海道」の「ローカルフレンズニュース」に出演予定です。ぜひご覧ください!

全道各地巡ってます・・「ローカルフレンズ滞在記
オホーツクの話題は「オホーツクチャンネル」で!!

関連情報

カーリング中継の見どころ!

オホーツクチャンネル

2022年2月14日(月)午後3時30分 更新

「JRや地元の魅力知って」 高校生の思い

オホーツクチャンネル

2021年8月3日(火)午前9時30分 更新

代表決定!ロコ・ソラーレ北見市表敬

オホーツクチャンネル

2021年10月8日(金)午後7時00分 更新

上に戻る