NHK札幌放送局

ひるナマ+「冬本番!冷え症を改善しよう」

ひるナマ放送記録

2021年12月17日(金)午後7時23分 更新

冬の寒さも本番。寒さが増してくると多くの人が悩まされるのが「冷え症」です。そこで 冷え症の原因や対策について理学療法士の青山花奈恵さんに教えて頂きました。

「冷え症」は「血流の悪化」によって、手足や体が冷えるといった症状が出ます。それには、日々の生活習慣が大きく関わります。主な原因をいくつか挙げてみました。

運動不足や姿勢の悪さは、血流を悪化させます。自律神経の乱れや一定の温度に保たれた室内に慣れすぎてしまうと体温調節の機能が低下します。また、ファストフードや甘い物、スナック菓子などを食べ過ぎると血液がドロドロになり血液循環が悪くなります。さらに、冷えにも種類があります。

「末端が冷えるタイプ」は、手足の先々まで血液が行き届いていないため冷えます。
「下半身が冷えるタイプ」は、骨盤の歪みや姿勢の悪さなどにより下半身の血流が悪化します。「おなかが冷えるタイプ」は、ストレスなどによって自律神経が異常を起こし、内臓の働きが低下します。
冷え症の予防や改善には、以下のことを心がけることが大切です。
さらに、第二の心臓と呼ばれる「ふくらはぎ」の筋肉を動かすことで血流が良くなります。

青山さんに血流を促進させる簡単な運動を教えて頂きました。まずは下半身の運動です。
①「足指ストレッチ」
足指の間に手の指を絡めて、足首を前後5回ずつまわす。
②「ふくらはぎのストレッチ」
片足を上げてふくらはぎをしっかり伸ばす。つま先を手前に向けて5秒キープ。
深呼吸しながら交互に繰り返す。

③「ふくらはぎの筋肉を使う運動」
座った状態からかかとを上げて下ろす。これを10回繰り返す。
④「おしりのストレッチ」
片足をひざの上にのせ、骨盤を立てながら背筋を伸ばす。深呼吸しながら体を前に倒す。
足を入れ替えて同じ動作を行う。

下半身の運動は、血流を改善するだけでなく骨盤矯正や足のむくみ解消にも効果が期待できます。続いて、上半身の血流を良くする運動です。

①「斜角筋ストレッチ」
鎖骨に手を当てて首を倒す。鼻から息を吸い吐きながら顎を斜め上に伸ばす。
この動きを左右それぞれ行う。
②「鎖骨下のリンパマッサージ」
鎖骨から指先まで優しくなでるように流す。これを左右5回ずつ行う。

③「肩甲骨の筋肉を動かす運動」
両肩に手を当て肘で円を描くように後ろまわし5回、前まわし5回行う。
④「手のひらグーパー」
両手を強く握り、指は反るくらいまで開く。これを10回続ける。
⑤「クールダウン」
最後は筋肉を緩めるクールダウン。
両腕を上げて上半身を伸ばしたら両腕を下ろして脱力。これを2、3回繰り返す。

短い時間であっても体を動かすことで血流が良くなり冷えの改善が期待できます。日々の生活習慣を見直しながら冷えない体づくりを心がけて下さい。

<出演> 理学療法士 
青山 花奈恵 さん
(2021年12月1日放送)

関連情報

ひるナマ+ 「リバースモーゲージって何?」

ひるナマ放送記録

2021年11月12日(金)午後4時15分 更新

ひるナマトークスペシャル「まるで本物!?昆虫の彫刻」

ひるナマ放送記録

2021年7月20日(火)午後2時31分 更新

ひるナマトークスペシャル 「モフモフの世界へ旅をする ~苔…

ひるナマ放送記録

2022年6月7日(火)午後0時44分 更新

上に戻る