NHK札幌放送局

繁華街「ビル丸ごと」で感染対策 #ナットクとかち

十勝チャンネル

2021年3月5日(金)午後2時00分 更新

ナットク!とかちchでは「私困っています 新型コロナウイルス」というテーマで、十勝の皆さんの疑問や困りごとにこたえるコンテンツを目指しています。

新型コロナウイルスの感染拡大で帯広市の繁華街は客足が遠のいたままです。
そこで、感染防止を図りつつ、お客さんに戻ってきてもらおうと「ビル丸ごと」での感染対策が始まりました。

「ビル丸ごと」で対策

対策が始まったのは帯広市中心部の「5番館ビル」です。接待を伴う飲食店を中心に55店が入居し、繁華街のシンボル的なビルとなっています。

2月、この「5番館ビル」に入居する店舗に、星がついたステッカーが掲示されました。これが帯広市の繁華街でビルで始まった新たな対策です。

ラウンジを経営 上木まこさん
「お客さまに気兼ねなく来ていただくために、5番館ビルがひとつになって取り組んでいきたいです。
私たちのような飲食店は、お客様と接する時間を多くちょうだいしていますので、対策に取り組むことでより安心して店にきていただければと思っています」


感染対策を星で評価

ステッカーに記された星の数は3段階あり、星の数で店で行っている感染防止対策を評価しています。店の感染防止対策の実施状況を客が一目で分かりやすいようにする工夫です。

マスクの着用や消毒、それに換気など、ビルに入居する店舗が共通して取り組む基本的な7つの感染対策を実施していれば「ひとつ星」となり、さらに業界団体が決めたガイドラインに沿って、進んだ対策を取っている店には2つ星が与えられます。
例えば「料理やおつまみは大皿で提供しない」「会計時の接触を減らすためコイントレーを使用」などです。
さらに、他の店が参考になるような独自の取り組みを実施している場合には、最高ランクの3つ星となります。

十勝総合振興局によりますと、「5番館ビル」では入居する55店のうち、1つ星は34店、2つ星は21店で、3つ星の店はまだ誕生していないということです。

上木さんが経営するラウンジでは、マドラーを1人1本ずつ用意するなどの対策に取り組み、2つ星の評価を受けました。

ラウンジを経営 上木まこさん
「2つ星をいただけたことは光栄に思います。
ビルに入居しているまわりのお店もいろんな対策をしていますので、いろいろ指導を受けたり、アドバイスを受けたりして、交流を持っていきたいです」


“新たな対策 ほかのビルにも”

帯広市の繁華街で始まったこの「ビル丸ごと」の感染対策について、対策に取り組む十勝総合振興局は今後、ほかのビルにも広げていきたいとしています。

十勝総合振興局 北風浩 地域産業担当部長
「新型コロナウイルスへの感染自体はなくならないかもしれませんが、クラスターにならない、ほかに広げないことが重要だと思っています。

ひとつのお店だけではなく、ビル全体が取り組みを徹底し、対策がほかのビルや帯広市内に広がっていけば、お客さんにも感染拡大につながらない安心な街だと思ってもらえるのではないでしょうか。
そうすれば、また、お客さんに戻ってきてもらえるのかなと思います」
取材した佐藤恭孝記者は
店によって評価に差が出る「星の数で感染対策を評価する」という対策に、ビルに入居するすべての店舗が取り組んでいることには驚きました。それだけ関係者の危機感が強いということなのだと思います。

十勝地方で最初に新型コロナウイルスの感染者が確認されたのは去年の2月のことでした。それから1年あまり。「withコロナ」という言葉があるように、どのように感染防止と日常生活の折り合いをつけていくかが、社会にとって大きな課題になっています。

「5番館ビル」の取り組みは、接待を伴う飲食店という、一番折り合いをつけるのが難しい場所での試みです。その取り組みがどのように客足の回復につながるのか、注目していきたいと思います。

2021年3月5日放送

ナットクとかちへの投稿はこちらからどうぞ

私困ってます。新型コロナウイルスまとめへ


関連情報

大丈夫?十勝の感染拡大 #ナットクとかち

十勝チャンネル

2020年7月8日(水)午後2時45分 更新

もやカフェ開店のお知らせ #ナットクとかち

十勝チャンネル

2020年1月16日(木)午後8時15分 更新

サウナの後はサイダーで!?

十勝チャンネル

2021年6月24日(木)午後1時37分 更新

上に戻る