NHK札幌放送局

滝川市でも「オオカミ」をクマ対策に #ヒグマ

ヒグマ情報

2020年10月19日(月)午後0時20分 更新

9月にヒグマが住宅地近くで目撃された滝川市で、オオカミの形をしたクマ対策の装置が設置され、市では一定の効果があるとみて本格的な導入を検討するとしています。

クマ対策として滝川市の住宅地に設置されたのは、「モンスターウルフ」と名付けられた、オオカミの形をした装置です。
大きさは1メートルほどで、クマなどの野生動物が近づくと、赤外線センサーで感知し、首を振り、目の部分に組み込まれた赤色のLEDライトを点滅させながら、大きな音を発します。

クマが装置に慣れないように、音の種類は、オオカミの鳴き声に加え、人の声や、銃声など、およそ60種類あります。
滝川市では、9月、住宅地付近でクマの目撃や足跡の発見が相次いだことを受け、モンスターウルフを試験的に設置しました。設置後、その付近ではおよそ1か月、クマは出没していないということです。
市は、クマ対策に一定の効果があるとみて、10月いっぱい設置したうえで、本格的な導入を検討するとしています。

モンスターウルフを製作
奈井江町の機械部品製造会社 太田社長

「いろんな工夫を凝らしたのでクマ撃退には自信があります。人とクマが共存できる環境づくりの助けになればうれしいです」

2020年10月19日

関連情報

士別 男性がクマに襲われけが #ヒグマ

ヒグマ情報

2020年8月25日(火)午後3時16分 更新

自動車道路脇にケガのヒグマ #ヒグマ

ヒグマ情報

2020年9月25日(金)午前7時14分 更新

八雲町 ヤギがヒグマに襲われたか #ヒグマ

ヒグマ情報

2020年6月22日(月)午後8時52分 更新

上に戻る