NHK札幌放送局

加速するビール文化と 江別のデザイン

ローカルフレンズ制作班

2022年1月13日(木)午後5時56分 更新

ローカルフレンズ滞在記 江別編。案内役の山崎啓太郎さんとの生活もおよそ半分がすぎました。山崎さんの太い人脈のおかげでたくさんの面白い方を紹介してもらい、来週はどなたに出て頂こうかなと前向きな悩みが尽きない、そんな毎日を過ごしています。

しかし、1つだけうっかりしていたことがありました。そういえば、まだ山崎さんのお仕事をちゃんと紹介していなかったのではないか。そう思って先週の動画とウェブ記事を見返してみると、ほとんど触れられていないことに気がつきました。せっかくNHKのために尽力してくれている山崎さんが「なにをしている人なんだ?」「ちゃんと食べていけてるのか?」「友達1000人って多すぎないか?」そんなことを陰で言われないように、山崎さんがどんなお仕事をしているのかを紹介していこうと思います。山崎さんの1日に密着してみました。

クラフトビールの新デザインをチェック

朝、山崎さんと向かったのが、江別に1軒だけあるクラフトビールの工場。この会社のビールをずっとデザインしているとのことで、なかに入ると工場長の多賀谷 壮さんがおもむろに新作ビールを持ってきてきれました。

工場長曰く「フルーツの香りが強く、アルコール度数も高め、うっとり系のビールです」とのこと。デザインのことは何も知らない私ですが、そう言われてみると、シックなメタリックのデザインを凝視するウチにうっとりしてきました。デザインをより深く知るためにお味も確かめたのですが、たしかに2本目の途中ぐらいで徐々に眠たくなってきまして、デザインの力ってあるんだなと、思わず感銘を受けてしまいました。

(冗談はさておき、本当に美味しいビールです)

午後はオシャレな商業施設EBRIでデスクワーク

続いて向かったのは、レンガ造りの外観がオシャレなEBRI。ここにある喫茶店を仕事の場として使用しているらしく、パソコンでポスターのデザインを行っていました。(ちなみにEBRIも山崎さんのデザインに登場します)。

ここで山崎さんに「次はどんなものをデザインしたいですか」と尋ねてみると、「江別の教科書のデザインしたい」という答えが返ってきました。一瞬意外な答えだなとも思いましたが、確かに教科書のデザインって印象的ですよね。

私も小学生時代「にんげん」という道徳の教科書を使って勉強していたのですが、そのデザインを20年以上経ったいまも覚えています(おそらく大阪にしかない教科書です)。うろ覚えではありますが、棟方志功先生のような画風で、しわの深いおばあさんの顔がアップで描かれており、溢れ出る強いメッセージを幼心に感じていました。中身を読んでいても、たしかに表紙の通りに硬派な内容だったと記憶しています。道徳の大事さが配られた瞬間から伝わる、そんな名デザインのことを思い出しました。

沢山の人の記憶に残る教科書のデザインを、山崎さんにも作ってほしいなと思います。

人気のパン屋 ほっぺぱん

続いては山崎さんがお店のデザインを行ったパン屋さん。コッペパンの中身を自由にカスタムでき、しかもお値段もリーズナブルということで人気です。

これまでは山崎さんのオシャレ系のデザインを沢山見てきましたが、今回は一転、キュートなデザイン。変幻自在な技を見て「若いうちに引き出しを増やしておいた方がいいな」そんなことを感じました。私もこれから色々な場面で挑戦をしていかないと、そんなことをしみじみ考えながら、このお店で1番オススメだというあんこ&バターを購入して帰りました。引き出しを増やすというのは簡単じゃないなと思いました。

喫茶ファロ

江別でお会いした方からいつもオススメされるのが、野幌駅前にある喫茶店・ファロさん。私の地元とも近い、奈良から来られた大浦慎司さん・蘭さんのご夫婦がお店をやられています。

メニューをめくっていると、とても可愛らしい挿絵があり、奥様が描かれたとのこと。非常に仲のよいご夫婦で、お店の隅々まで癒やしの空間が広がっており、皆さんがオススメしたくなる理由がよくわかりました。

そして、お二人のテンポの良い会話を聞いていると、なぜか懐かしい気持ちになってきました。しばらくしてハッとしたのですが、奈良から来られている、非常に仲が良い、優しい旦那さんにツッコむ奥様、その特徴がほぼ宮川大輔・花子師匠だったのです。テンポの良いお二人の会話を聞きながら、遠く離れた関西のことを思い出す、そんなひとときでした。

(後日伺うと、なんとローカルフレンズのイラストを描いて頂きました。嬉しい心遣い)

最後はkokomocaでビールの味をチェック

放送でも登場するカフェバーkokomocaさん。ここでは定期的にDJパーティや英会話教室、ウクレレ教室など色々企画が行われているのですが、それらの企画もだいたい山崎さんが関わっているとのこと。江別中のクセのある人が集まるというこの空間、マスターの長谷川さんの切れ味鋭いお言葉が人気なのですが、今回の放送では鋭すぎて全カットとなってしまいました。面白いので、ぜひお店で。

山崎さんの1日に密着すると、街の至る所に山崎さんのお仕事が潜んでいることが分かりました。やっぱりすごい方だったんですね。

そんな山崎さん、来週からはどんなフレンズを紹介してくれるのか、お楽しみに。


関連情報

パン・ソーセージ・チーズ・ジャガイモ・ハーブ 同じ道に暮ら…

ローカルフレンズ制作班

2021年5月6日(木)午後4時23分 更新

優しく包み込む笑顔で 須藤尚子さん

ローカルフレンズ制作班

2022年9月8日(木)午後5時51分 更新

ローカルグルメ滞在記 ~知られざるヒヤマ飯との出会い~ そ…

ローカルフレンズ制作班

2022年6月30日(木)午後3時26分 更新

上に戻る