NHK札幌放送局

マスクをめぐる疑問を調べました #ナットクとかち

十勝チャンネル

2020年3月25日(水)午後5時43分 更新

ナットク!とかちchは 「私 困っています 新型ウイルス」というテーマで新型コロナウイルスをめぐる十勝の皆さんの疑問やお悩みに答える放送を目指しています。帯広放送局にマスクに関する投稿が寄せられ、調べました。

マスク再利用しても大丈夫?

「マスクを再利用した際、 効果はどのくらい 落ちるものでしょうか?」

40代男性から番組に寄せられた質問です。
この投稿に答えるべく、佐藤記者が電話取材したのは、マスクを生産する本州の日用品大手のメーカーです。

Q:マスクを再利用した際、効果はどのくらい落ちるのですか?

A:多くのマスクは布に静電気を帯びさせて、粒子をつかまえる仕組みになっています。
洗うと静電気の効果が落ちる傾向があるほか、顔への密着がゆるくなって効果が下がります。
どのくらい効果が落ちるかについては、調査中ですが再利用はおすすめしません。

手作りマスクの効果は?

続いては50代女性からです。

Q:手作りマスクは効果が弱そうなものしか見当たりません。手作りで、市販されているのと同じような効果のものって、作れないでしょうか?

先ほどのメーカーに取材しました。

A:個別の物を見ないと何とも言えませんが、一般論では、静電気を帯びさせたり、顔に密着させたりするのは、手作りでは難しいのではと思います。

では、どうすれば手作りマスクの効果を高めることができるのか。佐藤記者は池田町に向かいました。

ガーゼを重ねて効果アップ

佐藤記者が訪ねたのは、池田町に住む十勝医師会の栗林秀樹会長です。かつて新型インフルエンザが流行した際に、「発熱クリニック」を立ち上げるなど、独自の取り組みをしたベテラン医師です。
栗林医師は、感染原因となる「せきで出る飛沫」を防ぐため、ガーゼの有効性を指摘しました。

「ガーゼ1枚で50%の飛沫を捕捉できる、10枚重ねたら99点99%ぐらいの飛沫は防げるんですね。薄いガーゼであっても枚数を重ねて作ることによってね、かなり効果は期待できるんではないかと」

口の中の乾燥を防げ

栗林医師はマスクの効果は、ほかにもあると考えています。

「口の中が、からからにかわくのを防げば、当然、口の中に唾液がありますから。その中にウイルスに対する防御因子も含まれているんです。やっぱりマスクの効果はあるんだろうと思います」

栗林医師は新型コロナウイルスは初期の段階では風邪と区別ができないので、熱などの症状が出たら外出を控え、仕事や学校を必ず休んでほしいと呼びかけています。

相談窓口
・帯広保健所(帰国者・接触者相談センター)
0155-26-9084(平日午前8時45分~午後5時30分)
0155-25ー0864(FAX)
・北海道保健福祉部地域保健課(帰国者・接触者相談センター)
011-204-5020(24時間)
011-232ー2013(FAX)
どんな症状なら相談すべきか
5月14日追記:最新の情報はこちらでご参照ください。
受診する際の注意点は
▼入り口や待合室を別にしたり、診療時間をずらしてほかの外来患者と接触しないように準備している医療機関もあるため、受診前に必ず電話しましょう。
▼病院ではマスクを着用し、手洗いやせきエチケットを徹底しましょう。
▼かかりつけ医から、「まず『帰国者・接触者相談センター』に電話で相談してください」と言われたら保健所に電話しましょう。

検査態勢を取材中

番組には「十勝は感染者が増えておらず、うれしい反面、不安だ」という複数の投稿が届いています。私たちは十勝の検査態勢の現状に注目し、今、取材中です。


2020年3月24日の放送はこちら

※マスクについてはこちらのQ&Aにもあります

投稿もお寄せ下さい

番組では引き続き新型コロナウイルスをめぐる悩みや課題をはじめ、危機をこうやって乗り切ろうとしている企業や団体の方、家庭、それに地域での取り組みやアイデアなどもお待ちしています。


投稿はこちらから

私 困ってます 新型コロナウイルス


関連情報

スマホバッテリー寒いと減っちゃう問題 #ナットクとかち

十勝チャンネル

2020年1月15日(水)午後7時25分 更新

街づくりの「中の人」に聞いてみた #ナットクとかち

十勝チャンネル

2019年7月24日(水)午後4時37分 更新

帯広市がにぎわい計画 #ナットクとかち

十勝チャンネル

2019年12月26日(木)午後3時19分 更新

上に戻る