NHK札幌放送局

カーリング 応援メッセージ③

オホーツクチャンネル

2021年12月3日(金)午後8時21分 更新

2022年2月の北京オリンピックをかけて、12月11日からオランダで行われるカーリングの世界最終予選。 日本からは、どちらも北見市を拠点とする男子「コンサドーレ」と女子「ロコ・ソラーレ」が出場します。 北見放送局では2チームを応援するメッセージを集めました。3回目は「カーリングのまち」北見市の辻直孝市長です。(北見放送局・新島俊輝記者)

ロコ・ソラーレ 銅メダル獲得で涙

ロコ・ソラーレの写真が飾られた部屋で執務にあたる北見市長の辻直孝さん。
地元のロコ・ソラーレが、2018年のピョンチャンオリンピックで銅メダルを獲得し、北見に戻って表敬訪問をしたときには、声を詰まらせ涙を浮かべる場面もありました。

2018年の平昌オリンピック後に辻さんを表敬したロコ・ソラーレ
辻さん
「パブリック・ビューイングも見ていましたが、もう頑張れロコ・ソラーレの1点で他には何も考えていませんでした。カーリングは旧常呂町時代からオリンピックに出ていましたが、初めてメダルを取るオリンピックにもなって、本当に心の底から嬉しかったです。日本が世界に誇るトップカーラーが北見にいるということが大変誇りです」

北見市 カーリングのまち目指し

北見市は「カーリングのまち」です。新しく建てられた市役所の床にロコ・ソラーレが銅メダルを決めたときのストーンの配置を描いたほか、カーリングホールの新設、カーリングを盛り上げるための地域おこし協力隊の創設など、カーリングに関するさまざまな取り組みが進められています。
辻さんは、カーリングを地域の宝としたうえで、市内外にカーリングの輪を広げていきたいとしています。

辻さん
「カーリングについては北見の大切な宝だと思っています。まずは多くの市民に気軽に親しめる・楽しめるスポーツだと知ってほしいです。いまは多くの子ども達が授業でカーリングをやっているので、競技を知って楽しんでもらえればと思います。さらには北見を訪れる人、いろんな人にカーリングの楽しさを味わってもらってカーリングの輪が広がればと思います」

ロコ・ソラーレとコンサドーレの魅力

辻さんにロコ・ソラーレやコンサドーレの魅力を聞きました。

辻さん
「ロコ・ソラーレはチーム力・コミュニケーション力が非常に高いと思うので、その良さを軸に素晴らしい試合をやってほしいです。彼女たちの笑顔は応援している方も元気をもらえるので素晴らしいと思います。
コンサドーレは、元気になった阿部さんがチームを引っ張ってくれていて、男子カーリングの世界でも先頭をきるという大きな役割を果たしていると思います。このまま力強く頑張ってほしいです。
男女ともに世界最終予選まで進むという、北見市民にとってこんなに嬉しいことはないと思います」

市では、最終予選を戦うチームに市民のエールを送ろうと、カーリングホールで横断幕への寄せ書きを受け付けました。
市民からの気持ちがこもった横断幕をオランダへ送ります。

辻さん
「今オランダへ行くということは厳しいが、市民からの寄せ書きをチームに送って頑張ってもらえるよう応援したいと思います。多くの人からメッセージが来れば2チームにとって大きな励みになると思います」

応援メッセージ「笑顔で戦い抜こう」

辻さんに応援メッセージを書いてもらいました。

辻さん
「笑顔で戦い抜こう!」
「頑張れロコ・ソラーレ!頑張れコンサドーレ!北見市民全員で応援しております」

ロコ・ソラーレとコンサドーレが出場する世界最終予選は12月11日からです。

2021年12月3日

カーリングの話題は「ロコちゃんねる

関連情報

石北線を残したい…地元高校生の取り組み

オホーツクチャンネル

2021年7月14日(水)午後4時49分 更新

「努力する者は、楽しむ者に勝てない」

オホーツクチャンネル

2022年2月14日(月)午後3時30分 更新

Nコン北見地区大会 3年ぶりの有観客開催

オホーツクチャンネル

2022年8月8日(月)午前11時30分 更新

上に戻る