NHK札幌放送局

「ペレット窯で焼き上げる 胆振スペシャルピザ」【森柚葉】

いぶりDAYひだか

2021年10月27日(水)午後6時18分 更新

こんにちは。室蘭放送局の森柚葉です。26日に放送したピザ店のリポート見ていただけましたか?告知や放送では伝えきれなかった部分などをご紹介します。 お邪魔したのは苫小牧市に今年7月にオープンしたピッツェリアポポラーレです。苫小牧を選んだのは、札幌出身のオーナーの木村幸裕さんが胆振の食材のおいしさに惚れ込んだからだそうです。 

ピザ窯の燃料は間伐材や端材をくだいて固めた木質ペレットです。使わない木材を再利用したエコな燃料です。ここ数年で道内での生産量もかなり増えていますが、公共施設のストーブに使われることが多く、ピザを焼くのにペレット窯を使っているのはかなり珍しいそうですよ。

600度という高温で焼き上げることが出来るペレット窯。短い焼き時間なので生地の水分が飛びすぎず、ふんわりとした食感に仕上がります。また木の香りが生地に移ることで、香りが良くなるんです。具材が乗っているところはもちろん、耳もおいしい!

今回ご紹介したピザはポロト豚のビスマルク。あまり聞いたことのない豚肉だったのですが、胆振で育てられ幻の豚とも呼ばれているそうです。チーズのしょっぱさと、このお肉の特徴である甘みが合っていて、とてもおいしかったです。

このお店では、生産者と直接つながることで、知られざる食材を使った料理を提供しているんです。オーナーの木村さんはこのお店を通じて胆振にはこんなにもおいしい食材があるのだと伝えていきたいと話していました。

(2021年10月27日)

森キャスター 記事一覧へ

NHK室蘭放送局トップページへ

関連情報

地域活性化に取り組む高校生!【内部明日香】

いぶりDAYひだか

2021年12月10日(金)午後0時10分 更新

開局80周年記念「アーカイブス放送」

いぶりDAYひだか

2022年6月22日(水)午後8時55分 更新

代表に捧げる特別なプロレス ~新根室プロレス~ 最終章

いぶりDAYひだか

2021年12月8日(水)午後5時56分 更新

上に戻る