NHK札幌放送局

地域とともにプレーを~蓑島圭悟選手~

NHK釧路放送局

2022年1月12日(水)午後6時35分 更新

アイスホッケー・アジアリーグのひがし北海道クレインズの特集コーナー「We are クレインズ!」。 今季3人目のゲストはDF・蓑島圭悟選手です。シーズン半ばを迎えたチームの状態や自身の意気込みをたっぷり伺いました。(取材:釧路放送局 伊原弘将寺井紀惠)

シーズン後半に向けての意気込みは

蓑島選手は帯広市出身の25歳。日本代表にも選ばれている、リーグを代表するDFです。
試合では相手の攻撃を防ぐとともに得点も奪い、攻守両面で活躍します。
リーグ優勝を目指して、日々練習を重ね試合に臨んでいるクレインズ。
チームの一員として感じる、今季のクレインズの状態について伺いました。

蓑島選手
自分自身では、これまでに延長戦でのゴールがあったり、チームを助けることができた部分もありました。
チームとしては、スキルの高い選手たちが連携をとれるようになってきて、これからどんどん調子が上がっていくのかなと思います。

クレインズは、リーグ戦と並ぶ大きな大会である「全日本アイスホッケー選手権」の優勝も目標にしていて、取材した去年12月の時は、ちょうど2021年の大会の直前でした。前年の2020年に続く大会連覇を目指す気持ちを伺うと、簑島選手は「全日本のタイトルはやっぱり特別です」と語り、さらに「僕らはチャレンジャー」という言葉も。

蓑島選手
2020年にクレインズが優勝して、クレインズだけが2連覇する権利がありますが、クレインズとしては、昨年の王者という気持ちではなく、2連覇へのチャレンジャーとして臨むことができれば、いい結果がついてくるのかなと思っています。
2020年は全日本選手権の前、少し自信がない状態だったんですが、今回は自信のついた状態で大会に臨めるのかなと思います。

簑島選手のことばどおり、チャレンジャーとして戦ったクレインズは、見事に全日本選手権2連覇を達成しました!!

ファンからの声援

攻守ともに活躍する蓑島選手をファンはどんな思いで見つめているのでしょうか。
試合会場のアイスアリーナで聞いてみました。

ファンの男の子
DFだけど得点を時々入れてすごいなあと思います。
女性ファン
クール。クールなプレーをします。格好いいです。
男性ファン
簑島選手を中央大学でプレーしていた時代から見ているんです。クレインズに加入して大活躍してくれているので、けがだけはしないようにプレーしてほしいですね。
ファンの男の子
たくさんシュートを打って、点をいっぱい決めてほしいです。

などなど、たくさんの声が。
こうしたファンからのメッセージのVTRを見た蓑島選手。少し照れたように笑いながら、「クールなプレーを心掛けているので、そう見てもらえてよかったです。大学のころから見てくださっている方もいて、すごくうれしいです」と話していました。

地域の一員として

地域への貢献活動も行っているクレインズ。そのうちの一つが、子供たちを対象としたアイスホッケー教室です。道東各地の少年団などで、クレインズの選手たちはアイスホッケーを教えています。蓑島選手も活動に参加し、講師役を務めました。

子どもたちにアイスホッケーを教えるうえで大切にしていることは、「アイスホッケーを嫌いにならないようにすること」と蓑島選手は話します。

蓑島選手
みんな楽しんでアイスホッケーに取り組んでくれていて、教えているほうも楽しかったです。小さい頃は、楽しんでアイスホッケーをしてもらいたいなという思いがあります。

道東の帯広出身ということもあり、地元で試合をする機会もある蓑島選手。ことし2月には帯広での試合も予定されていて、意気込みを伺いました。

蓑島選手
地元で試合をするというのは、やっぱり特別な感情があります。小さいころから練習してきたリンクで自分の成長した姿を見せられる機会があるというのはとてもうれしいことですし、感謝の気持ちをもってプレーしたいと思います。

全日本アイスホッケー選手権を連覇し、勢いに乗ってリーグ戦にも挑むクレインズ。クールなプレーで活躍し道東のファンを喜ばせてくれる蓑島選手を、「We areクレインズ!」は今後も応援していきます!

2022年1月12日(水)

「We areクレインズ!」まとめページに戻る


関連情報

尾幌駅で笑顔がボロっ!

NHK釧路放送局

2021年8月31日(火)午後5時10分 更新

尼子佑佳キャスター プロフィール

NHK釧路放送局

2021年3月30日(火)午後1時48分 更新

寺井紀惠キャスター プロフィール

NHK釧路放送局

2021年3月30日(火)午後1時47分 更新

上に戻る