NHK札幌放送局

「手荒れ」と「消毒」の意外な関係⁉ シラベルカ#40

シラベルカ

2021年2月12日(金)午後6時11分 更新

みなさんからの疑問に答えるシラベルカ!今回は、コロナ禍の冬ならではの悩みに対する質問にお答えします! 

今回の投稿はこちら

函館市の40代の主婦の方。
「手指が乾燥した状態で手洗いしたときと、きちんと保湿したときで手洗いしたときに、汚れの落ち具合に違いがあるか、調べてほしい」

確かに冬は手が乾燥していますよね。手荒れがひどく、ハンドクリームを手放せないとのことですが、「保湿した状態で手洗い、消毒をしたほうが、汚れがよく落ちるはず。それが証明できれば手荒れ対策をして消毒すれば一石二鳥では!?」とのこと。果たして、消毒効果に手の保湿は関係あるのでしょうか。

取材開始!

今回は函館局の鮎合記者が担当。自らも冬のあかぎれに悩みがあります。

まずは実験!

記者自ら、体を張って体験!乾燥した状態と潤った状態の手での汚れの落ち具合について日にちを分けて実験してみました。

「どちらの方が汚れが落ちたように見えるかな?」

 専門家に聞きました!

結果をもとに皮膚科専門医に尋ねると、なるほどな!という意見が。また、しっかり消毒するための方法や対策も合わせて聞くことができました。

 皮膚科専門医・日景 医師

その内容は・・・。
2月15日(月)のほっとニュース北海道の報告をぜひご覧ください!

シラベルカトップページはこちら

シラベルカへの質問はこちら

関連情報

“ながら勉強”の謎を解く シラベルカ#18

シラベルカ

2020年8月4日(火)午後5時23分 更新

★コロナ時代のメッセージ(秋元市長・星野佳路さん・尾木直樹…

シラベルカ

2020年6月5日(金)午後2時51分 更新

北海道は感染者のうち死亡する割合が高い?その理由は? シラ…

シラベルカ

2021年5月12日(水)午後6時06分 更新

上に戻る