NHK札幌放送局

放課後なまらじお 6月9日放送記録

NHK高校放送部

2022年6月15日(水)午後2時00分 更新

6月9日に放送した「#放課後なまらじお」番組の内容をまとめております。 メインパーソナリティは、遠山 大輔(グランジ)さん。 進行は、鈴木遥アナウンサーです。今回のテーマは‘‘いま、熱中していること‘‘です!

今回のラインナップ
・なまでんわ(前半)
・進路相談室
・お昼のなまらじお(藻岩高校)
・なまでんわ(後半)

そのまえに、
4月のアフタートークはこちら
今回(6月)のアフタートークはこちら

ラジオ放送したあと、アフタートークというのも ↑ ↑ 収録しているんですよね。
5分から10分くらい、今日の放送どうだったか、今後どうしていこうかみたいな話とかをしているのですが。アフタートークは、WEBでアップしているんですよ。そのアフタートークを聞いて、急いで、メッセージをくれた方がいました。「6月9日空けておきます!」とメッセージくれていました。そして、今回も、メッセージいただいています。

まずはその方に、電話してみますね~


【なまでんわ①】
ラジオネーム:神崎シノアさん

シノアさん:いま、熱中していることは受験勉強です。東京大学目指して頑張っています。1年生ぐらいから受験は結構意識してきました。

遠山さん:もう絶対僕には無理だし、そもそも、目標あって進んでいけるっていうのが、素晴らしいなあっていうふうに思いますよ。

シノアさん:ありがとうございます。だけど、真剣になれていないというか、結構周りにも同じ学校を志望している人が多いんですけど、自分の夢とか目標とかを持って、合格しようって頑張ってるんですけど、熱量があまり無いのかなって思ったり、合ってないのかな?と思って。他の人は、多分きっと家とかでもすごい勉強してるんだろうなと思ってしまったり。自分は勉強以外にもやらなきゃいけないことがあったりして、勉強に対する時間のかけ方が、周りよりも多分ちょっと違うんだろうなーっていう悩みもあります。

遠山さん:ちなみに、勉強以外にやらなきゃいけないことって例えば何?

シノアさん:学祭の準備とかもそうですが、自分で研究している事があって。文芸創作とかしているのですが、日本語の使い方を自分で研究しています。例えば、詩を詠んだときに、“印象に残った言葉が人によっていろいろ違う”じゃないですか。こういう条件の人はこういう言葉が浮かび上がってくるみたいな、そういう研究してるんです。大学でもこの日本語の研究がやりたくて…

遠山さん:そしたら、その目標に向かって行けばいいんじゃないかなと思うけどね!

シノアさん:そうですね。今の目標があってそのために東京大学に行きたいっていう気持ちがありますが、その反面で、なぜか勉強できない自分もいて、自分が二人いる感じがするんですよね。今の状態だと、合格はちょっと厳しいかなっていうところは自分でも自覚してるので。

鈴木アナ:ちなみに今日は勉強しましたか?

シノアさん:今日は学校から帰ってきて、1時間ぐらいしました。

鈴木アナ:今からこのラジオを聴きながら1時間半ぐらい勉強しませんか?一回、1時間半ラジオを聴きながら私たちは番組を盛り上げましょう。

遠山さん:でも、3分に1回爆笑しちゃうと思うから!今日鈴木アナがもうめちゃくちゃ調子良いから3分に1回は、もうボケまくる、ボケまくる。

あと、最後に、僕からシノアさんに伝えたいことがあって。自分と、なぜかこうできないという自分の2人いるっていうのは、それはそれですごくリアルだとも思っていて。受験という、しかも東京大学に立ち向かうという時に体力はめちゃくちゃ使うから、常に自分が100のまま毎日いたら、どっかで倒れちゃうとかあるかもしれないし。もしかしたら、それをセーブするためになぜかできない自分が半分いると考えられることもできるんだと思って。そう考えたらちょっと気楽になったかな?

シノアさん:そうですね。勉強にずっと集中できないっていうのはもう自分の中で完全に悪だと思っていたので、その考え方はなかったです。ありがとうございます。

遠山さん:本気で力を出す瞬間が絶対来るから。それまでは、自分と、もう一人の自分と付き合いながら進んでいったらいいんじゃないかなって。

シノアさん:このあとも勉強頑張ります!

リクエスト曲♩ amazarashi「スターライト」


【なまでんわ②】
ラジオネーム:スイカさん

スイカさん:今熱中していることは、大学受験のために、隙間時間を活用することです。今年1年生になったばっかりです。

鈴木アナ:隙間時間の活用??

スイカさん:高校受験のときに、隙間時間ってすごく大事だなと思ったんです。高校受験は、隙間時間活用できなくて…なので、高校入ったらちゃんと活用したいと思って。バスの中では、SNSではなく、最近だと学校で配られるプリントにQRコードが付いていて、教科書の内容をみることができたり、単語テストの単語を勉強していく。とかをやっています。

遠山さん:すごいね~どう?成果出たのわかったりする?

スイカさん:そうですね!テスト終わったばかりでしたが、身についている感じはします。

遠山さん:これ習慣化できるといいよね~~

スイカさん:この習慣化が結構難しいですけど、頑張りたいと思います!

遠山さん:そうだね!ちなみにさ、なんでスイカっていうラジオネームなの?

スイカさん:スイカがとにかく大好きなんですよ。誕生日は、毎年スイカのフルーツポンチを食べるんです!1歳のときからスイカを抱えている写真もあったりして(笑)持っているモノも、スイカだらけなんです(笑)

遠山さん:スイカに熱中しているでもよかったんだね(笑)

リクエスト曲:トワ・エ・モア「虹と雪のバラード」

鈴木アナ:札幌オリンピックから、50周年ですもんね。1972年。だから、この曲だったんですかね。

遠山さん:この選曲理由、聞けばよかったですね(笑)


【進路相談室】

調査によりますと去年の9月に行った調査でサンプル高校1年生~3年生の男女に聞いたところ、男子高校生のなりたいものランキング第3位にシステムエンジニアプログラマーが入っています。今日はラジオネーム:ジョンさんと繋がっています。

ジョンさん:地方のIT企業に勤めていて、勤続年数が十数年現在システムエンジニアとして働いています。一言で言うと「受注したシステムをみんなで作り上げようというような業界」です。官公庁のお客様だったり、病院や観光業者から、スマートフォンのアプリケーションなど、システム作成してほしいを求めてらっしゃる方全てがお客様になるのかなと思っております。

鈴木アナ:大学時代から学ばなきゃいけないものなんでしょうか?

ジョンさん:そんなことはないですね。どの企業もあると思いますが、研修の期間がありますので、いろいろ勉強することができます。私は、やっぱパソコンが昔から好きだったなあっていう記憶があって、でも高校生の頃からなりたかったかというと、そこまででもないですし、大学でプログラミング少し勉強してみて、その時にみんなで作り上げたときは楽しかったですね。みんなで一つのものを作ってみて、是非やってみたいなと思っていました。

鈴木アナ:ちなみに‘‘システムエンジニアプログラマーの違い‘‘ってありますか?

ジョンさん:私はシステムエンジニアです。プログラマーというのはプログラミング言語を使って実際そのシステムをつくっている人を、プログラマーと呼んでます。
それに対してシステムエンジニアっていうのはシステムをどういう風に作るのかという予定するような人たちで、例で言うと、家を建てるときに、三階建て必要かとか、どういうものが必要?と設計していくのが、いわゆるシステムエンジニアにあたるのかなと思います。

遠山さん:どちらもいないと成り立たないですもんね。プログラマーとシステムエンジニアってそれぞれどういう人が向いてるなとかありますか?

ジョンさん:プログラマーは、技術職ですよね。パソコンに詳しくて、新しいことにどんどんチャレンジできて、熱中して一つのものを作り上げられるような人がプログラマーには向いてると思います。これに対してシステムエンジニアはどちらかというと、コミュニケーションが大事で、お客さんと新しいシステムを作り上げるので、お客さんとのお話の上で組み立てていくものですからね。人と接する機会が多いですね。
私は、入社3年目ぐらいまではプログラマーとしてやっておりました。

鈴木アナ:どうしてシステムエンジニアの方を選んだんですか?

ジョンさん:人としゃべるのが好きだったっていうのはあるんですけれども、プログラマーは結構、一日中画面などと向かい合っているのですが、システムエンジニアになると、お客さんの顔が見えるので、納品した時のリアクションで、「よかったよ」とか「やりやすくなったよ」という声を頂けると、私はやりがいを感じるんですよね。

鈴木アナ:プログラミングとかシステムエンジニアいうと、理系のイメージがありますけど文系でもなれますか?

ジョンさん:私の会社も文系の方が大体半々ぐらいですかね。プログラミングは、プログラミング言語を使うのですが、どちらかというと、 言語を覚えるとかという観点でも文系の方が向いてると思ってます。パソコン1つさえあれば、僕みたいに地方でも働けますし、文系でも理系でもこの仕事できます。今の高校生に一言お伝えするなら、パワーと、発想力を発揮してもらいたいと思います。


【お昼のなまらじお@札幌藻岩高校】

今回は、札幌藻岩高校に行ってきました!このコーナーは、学校のお昼の校内放送をお借りして、学校紹介をしてもらうコーナーです。校内放送の模様を一部、お届けします。

(校内放送にて・・・)
鈴木アナ:このコーナーからまいりましょう!学校の自慢ベスト3!

鳩さん:3年2組、元放送局長の鳩です。

遠山さん:元!??いつまで局長だったんですか?

鳩さん:2日前です。代替わりで。学校紹介です。まず藻岩高校は名前の通り藻岩山の麓にあって、すごく自然が豊かなところです。今年の一年生がちょうど50期ということで創立から半世紀で、ちょっと歴史のある学校になっています。高校の特徴としては、「MOIWA 5Bs」という教育理念があります。

遠山さん:ちなみにどういう「Bs」があるのか聞いてもいいんですか?

鳩さん:ちょっと…ぱっとは出てこないです(笑)
では、学校自慢ベスト3を紹介いたします。まず第3位は、「トイレがきれい」です。そして、第2位は「部活動が強い」です。とにかく活気があって、学校の外にも垂れ幕がいくつかかかっていたりしています。
第1位は「総合活動」です。1年生のときには、「探求人」と言って、外部の方のお話を聞いたりします。会社の社長さんなども。
2年生のときには、「MSP」と言って南区の大人の方に協力いただきながら1つのプロジェクトをして、一緒に活動をするというものがあり、3年生になって「未来デザイン」があり、これまでの経験を未来に繋げていく活動があります。

(放課後なまらじおのスタジオに戻って・・・)
遠山さん:それにしても、「MOIWA 5Bs」が、あんなにも出てこないことあるんですかね…(笑)

鈴木アナ:実は、学校のパンフレットもらってきたので、僕は答え知っています(笑)紹介しますね。

「MOIWA 5Bs」
・ことばの力がある(Be a logical communicator)
・やり抜く力がある(Be a high-grit person)
・想い浮かべる力がある(Be an imaginative person)
・試そうとする力がある(Be a risk-taker)
・考える力がある(Be a creative thinker)

です。確かに、難しいですね(笑)

(校内放送にて・・・)
鈴木アナ:それでは、次の名物先生のコーナーにいきたいと思います。

中澤さん:はい、3年2組の中澤です。元アナウンス部長です。

遠山さん:また、元なんだ(笑)

中澤さん:名物先生は、佐々木りえ先生です。私たちの担任の先生です。佐々木先生のご出身が、数多くの有名スポーツ選手を輩出した、あの青森山田高校出身です。そこでバドミントンをずっとやられていた方で、今は女子バドミントン部の顧問をされてる先生なんです。卓球の福原愛ちゃんと同期なんですよね。

遠山さん:佐々木先生のどんなところが好きですか?

中澤さん:佐々木先生は、本当にノリが良くて、若い先生という事もあって、自分たち生徒の気持ちをすごく理解してくれるところがあって、これから学祭とかもありますが、絶対佐々木先生と一緒にやったら楽しいだろうな思います。

鈴木アナ:120点満点の回答ですね~

遠山さん:もちろん受験とかもあるわけで、たくさんこれからもお世話になるだろうけど、生徒のみんなは、先生にはいくらでも僕甘えていいものだと思っているので、いつか大人になって何か先生に恩返しをするとかでいいと思うんだよね。

ありがとうございました~


【投稿①】藻岩高校の人からの投稿来ています!
ラジオネーム:アルパカさん

遠山さん:「先ほど藻岩高校の収録終わりに写真撮らせてもらったものです。ありがとうございましたと。来週全国大会かけた試合があるのでエールお願いします!」といただきました。
はい!スポーツやってる子で遠くから俺をずっと見てくれていたんだよね。彼からすごくオーラを感じたんだよね。大会でも覇気とかオーラとかを、自分の中で最大限発揮して、そして仲間と共にがんばってほしいです。アルパカくん応援しています!


【なまでんわ③】
ラジオネーム:桜色のメロンパン

メロンパンさん:私は、放送局の活動に熱中しています。来週行われる、放送の全道大会にアナウンス部門に出場することになっています。緊張もしているんですけど結構楽しみです。

遠山さん:どういうことが楽しみ?

メロンパン:ステージの前で読むのが、地区大会のときに結構楽しかったので、もう一回その舞台に立てるっていうのが楽しみです。自分がやってきたことに、こうワクワクしてるっていう感じです。

遠山さん:僕も最初の時はガチガチで、もう頭真っ白だし、練習したことを披露するわけですよ。例えばお笑いでも、ちゃんと覚えたこと言わないといけないって事で頭いっぱいで、緊張してたんです。でも、経験積んでね、覚えたこと言うんじゃなくて、自分が面白いと思ったことをやるっていう風に、頭を切り替えたら少し緊張がなくなってたみたいな。
だいぶ時間かかりましたけど。だから、メロンパンも伝えたいことをしっかりと伝えるっていう気持ちがあると、より楽しめるんじゃないかなと思うね!

メロンパン:たしかに結構がんばってきたので、そういう気持ちを持ちつつ出しきれたらいいなと思います。

鈴木アナ:メッセージに実は、まだ続きがあって…

メロンパン:はい。放送の地区大会会場でラジオネーム、ムラキスミレちゃんに会いました!

鈴木アナ:この番組ではもう伝説化してるからほぼ準レギュラーと言ってもいいぐらいのあの、ムラキスミレに会ったんですか?

遠山さん:いや~すごいね~。その~お互い顔とかは知らない訳でしょ?

メロンパン:知らなかったです。この放課後なまらじおで名前とかを知っているってぐらいですね。

遠山さん:え。それで?!大声で「私がムラキスミレです」って言ってたってこと?そんなことはないでしょう?

メロンパン:その前にもTwitterでもちょっと話したことがあったのもあって…。

遠山さん:へぇ~すごいね。ムラキスミレはですね、時間にかなりルーズだという癖があって、直したいんですって言う感じの方なんですよ。

鈴木アナ:そんなムラキスミレさんがTwitterで投稿くれています。「ガチでずっと楽しみにしてたのにしっかり爆睡してたんだけど。今から聞きます。」と言っています。

遠山さん:ちなみにさ、会って、何話すの?

メロンパン:会えてうれしいです!ってひたすら話して、次の日にも会ったんですが、彼女がラブレターを書いてきてくれて…!私は、次の大会で、お返事を渡したいなと思っています。これだけ喋ったら、スミレちゃんから怒られちゃうかもしれません(笑)

遠山さん:でも、いいね!めちゃくちゃいいエピソードですね!

鈴木アナ: 4月21日の放送で、ムラキスミレさんから頂いたメッセージ、早起きの習慣ついてきた。という、その話で盛りあがって終わってしまったんですけど、その後にすごく大事なことが書いてあって、「部活は放送局に入ります!いつか遠山さんと鈴木アナのように楽しい番組をつくれる人になりたいです。」っていただいてました。

遠山さん:めちゃめちゃいいじゃん。いや、ほんといつもありがとね。メロンパンも、ムラキスミレもありがとう~

リクエスト曲: Mrs. GREEN APPLE「僕のこと」


【なまでんわ④】
ラジオネーム:のんさん

鈴木アナ:もしもし、放課後なまらじおです!

のんさん:あ、もしもし(明らかに寝てました)

鈴木アナ:もしかして、寝てましたか?すいません!いただいたメッセージにも「最近は前期中間考査のためにテスト勉強してました。前期中間が今日終わったので解放感がとてもすごいです(笑) 寝不足の日々が続いたので今日は早く寝ます(笑)」と記載ありましね…!

遠山さん:ごめんね~そんな中でも電話出てくれてありがと~のんの熱中していることは、恐らく睡眠だろうね(笑)

のんさん:そうですね(笑)他にもでもあって…私が最近熱中しているのは、なにわ男子です。

遠山さん:どんなところがいいの?

のんさん:かっこいいし、おもしろいんですよね。メンバーの道枝くん、かっこいいなと思ってから、ハマってます。

遠山さん:なんか、このなにわ男子に熱中していて、他に頑張れていることってある?

のんさん:あります!なにわ男子が出る雑誌が出る前とかは、勉強がんばろうとかって思います!

遠山さん:おお!いいことだ!ありがとね!!おやすみ~


■放課後なまらじお HPトップ


関連情報

【全文公開!】“読む”ラジオ #ナナメの場 ~徳丸ゆき子さ…

NHK高校放送部

2022年2月24日(木)午後1時06分 更新

いつだって開発途中、夢が膨んでいくゲストハウス「UNTAP…

NHK高校放送部

2021年9月15日(水)午後7時34分 更新

あなたの推しを聴くラジオ! #放課後なまらじお

NHK高校放送部

2021年6月18日(金)午後4時23分 更新

上に戻る