NHK札幌放送局

感染者発表の仕組みは?#ナットクとかち

十勝チャンネル

2020年12月16日(水)午後6時26分 更新

ナットク!とかちch「私困っています 新型コロナウイルス」をテーマに十勝の皆さんの疑問や困りごとにこたえるコンテンツを目指しています。
今回はニュースで連日お伝えしている「感染者数の発表」について、視聴者からの投稿をきっかけに取材をはじめました。

60代 女性
「最近の感染者数の発表について、質問です。
概ね市と地域ごとにその数字が発表されますが、なぜか帯広市の数は十勝地域の中に含まれていて、報道の際には見えてきません。他の旭川市、小樽市、函館市などは市としての数が見えるのですが、帯広市はなぜ明確に数字を発表しないのでしょうか?不安が募るばかりです。また帯広市の数で活動の目安にしているので、分けていただけると助かります」


発表の仕組みは?

道内には、札幌市や旭川市など独自に感染者数を発表する自治体もあります。感染者の情報はどのように発表されているのでしょうか。

道内にある30の保健所のうち、ほとんどは道立で、市が設置しているのは札幌市、旭川市、函館市、小樽市の4か所のみです。この4市は地域保健法という法律に基づいて、保健所を設置しています。

この法律は、都道府県のほか、政令指定都市(札幌市)、中核市(旭川市、函館市)などを、保健所を設置できる主体として規定しています。小樽市は「その他の政令で定める市」という位置づけとなっています。
小樽市保健所の職員に話を聞いたところ、昭和13年に設置された当初は、道立だったということですが、その10年後に道から小樽市に移管されたということです。小樽市に保健所が設置された理由については、もともと港町で交易が盛んだったことから、検疫所もあり、感染症対策など衛生対策を強化していた歴史的な流れがあったからではないかということでした。

新型コロナウイルスの感染者の情報については、道内では保健所を設置している自治体ごとに発表する仕組みとなっているため、札幌市、旭川市、函館市、小樽市の4市は独自に感染者の情報を発表しています。
一方、帯広保健所は道が設置しているため、十勝地方の感染者数は、道の対策本部が道内の他の地域といっしょに発表することになります。


道の発表は1日2回

道の感染者数の発表は、実は毎日午後3時と午後6時の2回にわけて行われています。午後3時に道が発表する資料には、性別と年代、振興局別の居住地など最低限の情報が載っています。

そして、午後6時に発表される資料には、感染者が住む自治体名や職業、感染経路がわかっているかなどより詳しい情報が記載されています。また、その日のクラスターの発生状況について発表されるのもこの時間です。

十勝地方の感染者数の中に帯広市の感染者が何人含まれているのか、この段階で初めて明らかになるのです。
2回目の発表は、感染者が急増した場合にはこれまで午後6時半になったり、午後7時近くになったりすることもありました。
いずれの資料も過去のものも含めて道のホームページで見ることができます。

道の対策本部は1日2回に分けて情報を発表していることについて、「速報」として感染者の「数」の発表を優先していること、そして、感染者についての情報は本人の同意が得られた情報しか公表することができないことから、同意を得る作業などをギリギリまで行っているためと説明しています。


道の発表前の公表も

帯広市も道からの情報をもとに独自に情報を発信していて、市内で感染が確認された場合には道の午後6時の発表にあわせて感染者の情報を公表しています。
その一方で帯広市が、道の発表の前に、独自に感染者の情報を公表したケースもありました。

11月29日、帯広市は帯広競馬場に勤務するばんえい振興課の職員の感染が確認されたとして道の発表前の午前中に記者会見を開き感染確認を公表しました。

この判断について市は「競馬開催の判断について早期に関係者に伝える必要があったことやみなさんに安心して来場いただきたいとの思いから道に特段の配慮をいただき管理者として、本人の同意を取り公表した」とコメントしています。
帯広市は、市の職員や、学校などの市の施設で感染者が発生した場合は、管理者として、直接本人の同意を得て居住地などを公表する場合があるとしています。


多い「居住地非公表」

投稿者からは「帯広市の感染者数を活動の目安にしている」という声もありましたが、道の発表の中には「居住地が非公表」とされる人も多いのが現状です。
十勝総合振興局の水戸部裕局長は、道の発表の課題について次のように話しています。

十勝総合振興局 水戸部裕局長
「いまの傾向としては市町村名も出さない人も多いです。十勝総合振興局管内と帯広市の方は結構公表するんですが、(たとえば)帯広市で2人で、十勝総合振興局管内で8人だと、この日あわせて10人です。だけどこの8人の中には、帯広市の非公表の人がいるんですよね。勘違いされて『8人はどこの町村からいったい出ているんだ』という声も実際にあります」


取材した三藤紫乃記者は
毎日午後6時近くになると、ニュースフロアはちょっとした緊張感に包まれます。「十勝で新たなクラスターの発生はないのか」「放送時間に間に合うのか」。
こうした思いを抱えながら、十勝のみなさんにその日の最新情報を少しでも多く届けようと、2回目の発表が遅くなる日も放送直前まで取材を行っています。これまで、放送の数分前に入った情報をニュースに突っ込んだこともありました。
帯広放送局では今後も平日午後6時50分からのニュースで新型コロナウイルスをめぐる十勝の最新情報をお伝えしていきます。
また、今回の記事で触れた「居住地非公表」については、過去に詳しく取材していますので、気になる方はそちらの記事もあわせてお読みください。

2020年12月8日放送

ナットク!とかちchへの投稿はこちらから

私 困ってます 新型コロナウイルス


関連情報

反響いただきました #ナットクとかち

十勝チャンネル

2019年9月25日(水)午後7時39分 更新

外科医が農家になりました #十勝農業放送局

十勝チャンネル

2021年5月12日(水)午後5時34分 更新

もやカフェ ご来場ありがとうございました #ナットクとかち

十勝チャンネル

2019年12月6日(金)午後7時08分 更新

上に戻る