NHK札幌放送局

打順をくじで 阪神と練習試合

ほっとスポーツプラス

2022年2月12日(土)午後10時00分 更新

沖縄キャンプで2回目の対外試合は、2軍中心のメンバー。しかも打順をくじ引きで決めて臨みました。

11日の阪神との2回目の練習試合は、多くの選手の可能性を見るために2軍中心のメンバーとなりました。
新庄監督は、試合前に選手の気持ちを盛り上げるという意図で、打順をくじで決定し、そのまま試合に入りました。

プロ2年目で18歳、白老町出身の根本悠楓投手が6回から4人目で登板し、阪神打線の主力を3人で抑えるなど2イニングを投げてヒットなし、三振3つと結果を出しました。
打線は2点を追う6回に社会人野球からドラフト3位入団のルーキー水野達稀選手がタイムリーヒットを打ってアピールしたほか、続く7回には野村佑希選手もタイムリーを打つなど、2点を奪って3対2と逆転しました。
試合は9回に日本ハムが1点を返されて、3対3の引き分けでした。
新庄監督は「悩んで試合のオーダーを決めていく楽しさをもっとほしいと思う」と、今後の選手の活躍に期待していました。

関連情報

「もっとゴールにつながるプレーを」

ほっとスポーツプラス

2021年4月9日(金)午後6時22分 更新

札幌育ちの北青鵬 初の十両の土俵で優勝目指す

ほっとスポーツプラス

2021年11月12日(金)午後5時28分 更新

アイスホッケー 藤本那菜 日本のゴールを守る女神

ほっとスポーツプラス

2022年1月7日(金)午後7時49分 更新

上に戻る