NHK札幌放送局

函館市【和製ハロウィンでにぎわう】まち

北海道スタジアム

2021年6月22日(火)午前10時55分 更新

暖かい日が増え、北海道にも夏到来!?ということで、この時期にピッタリの179市町村の情報をお届けします。

函館の七夕名物‟ろうそくもらい“

「北海道スタジアム 春ノ陣」に函館市代表で出演した中村さんと筒井さんが教えてくれた「わがまちあるある」は、七夕の日に行う“ろうそくもらい”。

浴衣姿の子供たちが、笹の葉が飾ってある家に行ってお菓子をもらって周るという、まさに和製ハロウィン

‟ろうそくもらい“の由来は、2人によると、かつて函館には青森のねぶた祭りと似たお祭りがあり、ねぶたを灯すためのろうそくを、子どもたちが集めたことが発祥なんだそう。いつしか、ろうそくとお菓子を渡すようになり、今では、お菓子だけになったとのこと。

函館出身の中村さんと筒井さんも、子どものころに、ろうそくもらいをしていて

■筒井
今はだいたい夕方6時~夜8時までですけど、僕らの時代は夕方4時くらいからフライングで家を周ってました(笑)
■中村
友達と協力して、袋2~3つくらいパンパンになるくらい集めてましたね


絶やさずに残したい、わがまちの文化

筒井さんは湯の川地区にあるお寺の住職で、ろうそくもらいの時は、総勢300人もの子供たちが来るとのこと!その日はお寺の敷地で、くじ引きや射的を開き、ちょっとしたお祭りに。

■筒井
自分がお菓子をもらう側からあげる側になり、時代を紡いでいる感覚がある。ろうそくもらいは、絶やさずにいつまでも残したい文化です。

子どもだった自分がいつしか大人になり、次の子どもたちにお菓子を渡していく、ろうそくもらい。まるでバトンのように、地元の文化を次の世代に引き継いでいく、そんな風習なのかもしれませんね。

<番組公式Webゲーム「北海道白地図パズル、完成できる人いんの?」>

<北海道スタジアム トップ>

<関連記事はこちら>

関連情報

あなたの1票で、北海道スタジアムに登場するVtuber キ…

北海道スタジアム

2021年6月1日(火)午後6時30分 更新

上士幌町【大空に熱気球が映える】まち

北海道スタジアム

2021年5月31日(月)午後5時59分 更新

北海道わがまちコレクション!胆振・日高地方編

北海道スタジアム

2021年7月6日(火)午前11時38分 更新

上に戻る