NHK札幌放送局

NHKカメラマンが選ぶ「オホーツクの紅葉3選」

オホーツクチャンネル

2020年10月12日(月)午後3時13分 更新

 国内でもいち早く紅葉の時期を迎える北海道東部のオホーツク。現地でニュース取材を行うNHKカメラマンが好きな紅葉を3つ選びました。

①滝上町・錦仙峡 美しい紅葉と渓谷の音で癒やされる

 渓谷を流れる水の音。そして、赤や黄色に色づいたイチョウやカエデ。視覚と聴覚から秋を感じることができます。
 オホーツク海側の滝上町にある紅葉の名所「錦仙峡」では、木々が徐々に色づき、紅葉シーズンが始まっています。

 滝上町にある渚滑川の渓谷「錦仙峡」は、大小の滝や川の流れ、それに豊かな森林が美しい景観を作っています。地域の人の散歩道にもなっている憩いの場です。

 滝上町の観光協会によりますと、「錦仙峡」では10月に入って徐々に紅葉が深まっています。

北見市から訪れた88歳の男性
「毎年、この景色を見ています。渓谷と紅葉の景色がとてもいいですね」

 「錦仙峡」は、10月中旬には渓谷の両岸のおよそ4キロの遊歩道に植えられたイチョウやカエデなども色づき、見ごろを迎えるということです。

②斜里町・知床五湖 開拓で切り開かれず残った紅葉

 世界自然遺産の知床にある「知床五湖」からは、黄色や赤に染まり始めた知床連山の紅葉の風景を見ることができます。知床は開拓時代に、もともとある木々が切り開かれた場所が多いですが、知床五湖から見える紅葉する木々のほとんどは昔から姿を変えないものです。

 斜里町にある知床五湖は、5つの湖を散策しながら知床連山を見ることができる代表的な観光名所です。知床連山の頂上付近では、10月上旬から紅葉が徐々に進み、ダケカンバやナナカマドなどの葉が鮮やかな黄色や赤に染まり始めています。

 訪れた人たちは、山並みに広がる紅葉と湖を背景に記念写真を撮っていました。


神戸から訪れた女性
「思ったよりも紅葉が進んできれいで感動しました。景色に見とれてしまいました」

 知床連山の紅葉は、徐々にふもとまで下がり、10月いっぱいが見ごろだということです。

③置戸町・置戸神社 宮司さんの粋なライトアップ

 置戸町にある神社では、もみじなどの木々が赤や黄色に色づき始め、紅葉の見ごろを迎えています。

 置戸町にある置戸神社の境内にはもみじやかつらなどがおよそ1000本植えられています。紅葉は、10月中旬に見ごろのピークを迎えるということです。

置戸神社の藤川伸生宮司
「神社では、もみじなどの葉の色が、これから少しずつ変わっていく様子を見ることができます」

 置戸神社では、夜の紅葉を楽しんでもらおうと、10月16日と17日の午後6時から2時間程度ライトアップを行うそうです。

2020年10月12日

私が取材しました!

オホーツク関連のニュースは「オホーツクチャンネル」まで!


関連情報

かわいい?不思議?白いナマコ

オホーツクチャンネル

2020年11月26日(木)午後4時08分 更新

水害の土砂撤去へ 特殊“掃除機”研究

オホーツクチャンネル

2020年11月12日(木)午後2時01分 更新

相次ぐ知床の不法投棄 #ヒグマ

オホーツクチャンネル

2020年7月14日(火)午前10時30分 更新

上に戻る