NHK札幌放送局

放送後記:道北オホーツクの道の駅特集!

北海道まるごとラジオ

2023年8月10日(木)午後0時36分 更新

8月3日(木)の「北海道まるごとラジオ」は、「おすすめ!道北オホーツク道の駅」と題して、観光シーズン真っ盛りにこそ出かけてみたくなる情報をお送りしました。 進行は北海道出身の白崎義彦アナウンサーと工藤恵里奈キャスター。 

高速道路にはサービスエリア・パーキングエリア、一般道路にあるのが「道の駅」。
24時間利用できる駐車スペースとトイレや道路案内のほか、レストランや土産物コーナーなどが揃った便利な施設。
広大な北海道各地には、全国最多127もの道の駅があります。ちなみに全国2番目は岐阜県の56、東京都には1か所だけです。


ゲストは道の駅キュレーター・守屋之克(もりやゆきかつ)さん。

かつて「道の駅 旅案内全国地図」編集長をつとめ、現在は独立して活動中。全国を愛車で回りながら情報を発信し続けています。
これまで訪ねた道の駅は、全国1204か所のうち、なんと1200か所!

「会社勤め時代に、編集長をという話があったとき、実は道の駅のことを何も知らないなと思って調べて回り始めたのがきっかけです。」

(リスナーからの質問に答えて)

「道の駅キュレーターは、私が勝手に名乗っているだけで資格はありません。道の駅を調べて愛してしまったがために選んだ仕事なんです(笑)」


新鮮な海の幸を満喫!~猿払村

宗谷岬まであと30キロ。オホーツク海に面した猿払村は日本有数のホタテの産地。
海と草原に囲まれ村の中心からも離れた道の駅。ここをめあてに全国から観光客がやってくる人気のスポットを、猿払村の2つ隣にある枝幸町育ちの及川凜華キャスターが紹介しました。

いけすにぎっしりのホタテ。1枚1枚とても大きいのが特徴です。
養殖ホタテは4年で水揚げするのが一般的ですが、猿払ではもう1年かけた「5年もの」。しかも、厳しい寒さで甘みが増して、プリップリの弾力あるホタテに成長します。
人気メニューは、大ぶりの貝柱を5枚ものせたホタテ丼。貝柱を輪切りではなく縦にカットすることで、シャキッとした食感に仕上がっています。

さらに、バーベキューコーナーでは、殻ごと焼いて、さらに猿払産のバターをのせてしょう油をたらすと・・・うま味いっぱい。

守屋さん「全国からホタテめあてに訪ねる人がたくさんいる。特産物があってそれが目的になっている道の駅は多い。


人気の大福は農家の挑戦から始まった~名寄市

旭川から北に80キロの名寄市は全国有数のもち米の産地。

道の駅の中央にあるショーケースには、色とりどりの大福がぎっしり。
淡い色合いで直径5センチくらいの大福が1個ずつ、まさにスイーツバイキング。
冷凍便での全国発送も行っていて、スタジオには12種類入りを届けていただきました。

塩豆、よもぎ、かぼちゃなどのほか、ハスカップやチーズ、バターコーンなどなど、餡ともちの生地にも素材の味が取り込まれています。

この大福は、平成のはじめころ、合併前の風連町のもち米農家の有志達が、全国では評価が高くはなかったこの地域のもち米を使って商品開発に成功した歴史があります。
粘り気が少なく加工が難しく切り餅には難しい品種の個性を利用した「ふわふわの大福」が次第に人気商品になっていきました。

守屋さん
「地域の特産が先にあることで、それを生かせるメリット。個性を出す周囲との差別化にもつながっている例。」


ふるさとのメダリストをたたえる~清里町

オホーツクの清里町にある道の駅には、長野オリンピックのスピードスケート女子500メートルで銅メダルを獲得した岡崎朋美さんのコーナーがあります。

オリンピック5大会に出場した岡崎さんの、ウエアやスケート靴などのほか、地元応援団が作った横断幕やグッズも飾られ、地域をあげて応援した当時の様子を伝えています。


☆ここで岡崎朋美さんにナマ電話インタビュー☆

(ふるさと清里町はどんなところ?)

「とても景色のいいところで、四季折々色を変えるというか、春夏秋冬まったく違う風景があるんですよ。百名山の一つ斜里岳があって、登山を楽しむ方にも魅力の地域です。」

(道の駅にコーナーができたいきさつは?)

岡崎さん
「はじめは実家に送っていたのですが、5大会となると、たくさんになってきて、町でも展示していただいたほかに、私が生まれた札弦(さっつる)の道の駅にも展示しましょうというお話をいただきました。」
「実家に眠っていたので、ぜひ子どもたちに見てもらいたいなという思いもありました。
みなさんの応援グッズや旗に書かれたメッセージもたくさんあるので、ぜひ立ち寄って見て欲しいなと思いますね。」

(子どもたちにというのは?)

岡崎さん
「私が子どもの時代はオリンピックを身近に感じていないまま過ごしていたのですが、小さい時からオリンピックマークを目の前で感じたほうが、スポーツに興味がわくのかなと思います。」

(ゲストの守屋さんは放送前に立ち寄ってきました)

守屋さん
「特産品は知られていても、その土地の出身者は知らないことがほとんど。こうした展示があると発見がある。」

岡崎さん
「あっ!と気づいてくれるとすごくうれしくて、SNSなどに上げていただけてか『見てきました』や『ハッシュタグ岡崎朋美』など(笑)私のところにも確実に通じるので。」

(道の駅でも人気ですが、清里町は焼酎が有名)

岡崎さん
「清里町の焼酎はじゃがいも。さつまいもは他の地域でも知られていますが、じゃがいものおいしさを知ってほしいなと思いますね。」

「最初は半信半疑だったんですけど(笑)、じゃがいもの『やさしさ』というのか、鼻からふわっと抜けるようで、飲みやすいなと感じました。樽で熟成させた焼酎もあるんですけど、樽の香りと調合されて美味しいんです。これが結構好きですね。もう一つ、45度と度数の高いものがあるのですが、ダイレクトに飲んでほしいなと。じゃがいもの味というかパンチがすごいですよ。」

(コロナ禍以前にマスターズ大会に出場されていましたね)

岡崎さん
「健康維持のためにいろいろやっていて、やっぱりまだ滑れるんじゃないかという気持ちになって、滑れるならやろうかなという感じでチャレンジしています。」

「まだまだハードなのはできませんが、スピードスケートって本当にしんどいので、楽しみながらやりたいなと思っています。」


ところで道の駅とは?

リスナーから「道の駅とドライブインの違いは?」
守屋さん
「道の駅は登録制で、自治体が手をあげるもの。ドライブインは基本的に個人の経営です。行政が設置した道の駅ですが、直営だけではなく指定管理者を置いて運営しているものもあります。」

(登録の条件は)

守屋さん
「駐車場があってトイレがあって、あと情報コーナーや電話があって、そんなに条件はないのですが、地域にどう貢献していくかが道の駅の役割ですので、その点がドライブインとは役割が違いますね。」

(北海道の道の駅に何か特徴は?)

守屋さん
「道の駅には観光目的で設置するケースもありますが、地域を盛り上げるための施設として北海道はうまく活用しているのではないでしょうか。」


大自然の中で思い切り遊ぼう~遠軽町

北海道内127ある中で2019年に開設された125番目の道の駅。北海道で初めてスキー場を併設、ゲレンデや森をいかして雪のない季節も楽しめる大規模アクティビティが特徴。

工藤キャスターは、総合テレビ夕方6時台の「ほっとニュース道北オホーツク」で「キッズとお出かけ」というコーナーを担当。ここでジップラインを体験してきた。

冬はスキー場になる斜面をリフトで上がると、森の中にワイヤーロープが。

ベルトとハーネスを装着してぶら下がると、滑車で一気に滑り降りるのですが、その角度がなんと25度!
目の前に森が広がる中を、中継点をはさんで全長1135メートル、最も高いところで地上から60メートルというスリル満点です。

身体はしっかり固定されているのですが、スタートするまではちょっと怖さが。森の中に飛び込むような感覚で思わず叫び声がでてしまいました(笑)
下り始めると怖さよりも景色のすばらしさと爽快感に満たされる感じでした。
このほかにも、木の上をワイヤーやはしごで渡り歩く、空中散歩のようなツリートレッキングがあったり、足湯があったりと様々楽しめる場所でした。
館長さんが「ここはテーマパークにしたい。通過点ではなく目的地にしたい」と話されていて、その考えが現れた場所だと感じました。

守屋さん
「最近は、全国でも公園が併設されて、家族で一日楽しめるレジャー施設のような『滞在型』道の駅が増えてきています。


道の駅のこれから

守屋さん
「高齢化の問題が道の駅にも影を落としていて、人口が少ない地域では活気が落ちてきているところもあります。様々なテコ入れ施策がある中で、最近は、子育て支援を道の駅で積極的に取り入れるところが増えているんです。屋内に遊戯をしたり、おむつの自動販売機があったり、地元の住民が子どもを連れてそこに集まって、帰りに買い物をするような道の駅も出てきています。」

(観光客だけではなく地元の方の場にも?)

守屋さん
「外から来る方というのが今までは大前提でしたが、地域の方が道の駅に集うという環境も生まれてきているところです。」

(新しい道路が整備されると人の流れが変わる)

「経営面では大きなこと。そうした動きに対応するために、広域で連携していこうという道の駅があって、新設もいくつかの自治体が共同で設置という形も増えています。」

これから秋にかけて『産地直送』売り場がにぎわう季節。ぜひ道北オホーツクめぐりを楽しんでみてください!


今回ご紹介した道の駅

☆道の駅 さるふつ公園 さるふつまるごと館 
宗谷郡猿払村浜鬼志別 国道238号沿い
☆道の駅 もち米の里☆なよろ
 名寄市風連町西町 国道40号沿い
☆道の駅 パパスランドさっつる
 斜里郡清里町字神威 道道摩周湖斜里線沿い
☆道の駅 遠軽森のオホーツク
 紋別郡遠軽町野上 国道450号沿い

関連情報

今週の「まるラジ」“北海道が誇るパワービルダー”と筋肉をモ…

北海道まるごとラジオ

2023年6月20日(火)午後1時11分 更新

今日の北海道まるごとラジオは「電柱鳥類学のススメ」です!

北海道まるごとラジオ

2022年4月28日(木)午前6時44分 更新

【放送記録】縄文人に“きゅん”です!

北海道まるごとラジオ

2022年6月24日(金)午後4時26分 更新

上に戻る