NHK札幌放送局

利尻島の日本最北の蒸留所 ウイスキーにかける仲間たちの夢

道北チャンネル

2022年12月26日(月)午後2時49分 更新

利尻島の冷涼な気候と利尻山の新鮮な水を生かした世界で「オンリーワン」のウイスキーを目指して建設された日本最北の蒸留所。ここで初めてできた原酒が12月中旬、都内で初めて販売されました。会場には蒸留所のオーナー、ケイシー・ウォールさんとともに未来を見据えて夢を語る仲間たちの姿がありました。(稚内支局 山川信彰)


原酒のボトル200本完売!

12月中旬に愛好家団体の「ウイスキー文化研究所」が東京・新宿で開いたイベント「ジャパニーズフェス」。利尻島で10月から生産が始まったウイスキーの原酒が初めて販売されました。

日本で最も北に位置するウイスキーの蒸留所のオーナーで、アメリカ・ニューヨーク出身のケイシー・ウォールさんは利尻島のPRも兼ねてこのイベントに参加しました。イベントには2日間で3800人が来場。ケイシーさんのブースにも次々に客が訪れ、原酒のボトル200本は完売しました。

30代女性
「利尻島でのウイスキーづくりをアメリカの方がやっていると初めて聞いて驚きました。3年後に完成するウイスキーを買うのが楽しみです」
30代男性
「原酒の味が、まろやかで、すごく飲みやすく驚きました。利尻島のウイスキーがブランドになってほしい」

家族旅行をきっかけに利尻島にほれ込んだケイシーさん。ウイスキーの蒸留所の建設の準備を始めてから6年の歳月を経て、初めて原酒が完成したのです。

ケイシー・ウォールさん
「ここまで来るのは非常に大変でした。でもがんばろうって思ったのは利尻が大好きだから。お客さんと対面で盛り上がれて“めっちゃいい”」


仲間の中には東大生も

蒸留所がある利尻島では将来を夢見る仲間たちがケイシーさんとともにウイスキー作りに取り組んでいます。その仲間は、チリ出身のウイスキー職人、ハビエル・ネグレテさん(38)と東京大学法学部4年生の平山靖敏さん(23)、福島県出身のウイスキー職人、田浦大輔さん(40)の3人です。

チリ出身のハビエルさんはコロナ禍で日本に入国できないトラブルもありましたが、利尻でのウイスキー作りの夢をかなえるべく来日しました。


ハビエルさんの通訳を担当しているのが、東京大学法学部4年の平山さん。熊本県出身の平山さんはことし5月に友人の紹介でケイシーさんと出会い、東大を休学して仲間に加わりました。

平山靖敏さん
「ケイシーさんはすごいフレンドリーで面白い人。将来はお酒の業界で働くことが夢だったので勇気を出して、僕から働きたいと言いました。利尻島は北の小さな島ですが、ウイスキーを通して世界に知ってもらえる有名な島にしたい」


福島県出身の田浦さんはバーテンダーとして働いたあと、スコットランド・アイラ島のウイスキーに魅せられ、職人の道に進みました。離島でのウイスキー作りを夢見ながら福島県の蒸留所で7年ほど働いていた時にケイシーさんと出会い利尻島の自然環境にも惹かれ、ウイスキー作りに参加しました。

田浦大輔さん
「ウイスキー作りの本場、スコットランドのアイラ島に負けない“離島ウイスキー”を目指したい。10年先、20年先、30年先に選ばれるウイスキーを作るために、日本最北の蒸留所から全国や世界中で愛されるウイスキーを作りたい」


専門家が語る興奮と期待

今回のイベントを主催したウイスキー文化研究所の代表で2014年にNHKで放送された連続テレビ小説「マッサン」で監修を務めた土屋守さん。以前、利尻島を訪れたことがあると言う土屋さん。離島でのウイスキー作りは原料の輸送コストなどが課題で難しい面もあるとしながらも今後に向け期待を示しました。

土屋守さん
「利尻島の自然環境、水は非常にいいものがあるので利尻島でウイスキー作りが始まると聞いたときは興奮した。素晴らしいウイスキーができるのではないか。今はインターネットもあり、世界中のファンにウイスキーを発信できる時代。利尻島の風土が感じられる誰も知らないウイスキーの完成を期待したい」


いざ熟成へ  ケイシーさんの思い

ことし生産した初めての原酒は、樽での熟成が始まっています。“ジャパニーズ・ウイスキー”の完成は、少なくとも3年後。ケイシーさんの夢はどんどん膨らんでいます。

ケイシー・ウォールさん
「これからどんな問題が起きても自分たちのチームが深い気持ちを持っていけば必ず乗り越えられる。どんどん改善していいものを手作りして利尻のオンリーワンのウイスキーを島の全員で自信を持って作っていきたい」

2022年12月26日

👇山川記者はこんな記事を書いています
豊富町 未利用の天然ガスで発電 目指せ!企業誘致
日本最北!利尻島のウイスキー蒸留所から目指すオンリーワン
“日本最北”ワインを目指す 中頓別町
日本最北のロングトレイルに!JR天北線の廃線跡地を観光資源に
紙おむつが燃料に!? 道北5町がリサイクル
猿払のイトウ 産卵激減  猛暑と"幻の魚"
北海道で挑む 再生可能エネルギー拡大への壁

関連情報

「ウルトラ重機7」に北海道旭川市のゲレンデ整備車が登場!

道北チャンネル

2023年3月9日(木)午後4時05分 更新

ロボットで紙飛行機を発射せよ! 高専ロボコン北海道大会を1…

道北チャンネル

2022年11月2日(水)午後4時16分 更新

豊富町 未利用の天然ガスで発電  目指せ!企業誘致

道北チャンネル

2022年11月25日(金)午後3時04分 更新

上に戻る