NHK札幌放送局

家族が認知症?私たちにできることは

ほっとニュースぐるっと道東!

2022年5月30日(月)午後5時28分 更新

釧路・根室地方に初めてできた認知症看護外来について特集しました
今日は、認知症について今すぐに役立つ情報をお伝えします。

釧路赤十字病院で認知症の相談にのっている看護師の道見朋香(どうみ・ともか)さんです。
認知症に関する素朴な疑問をぶつけてみました。

まず、認知症と年齢による物忘れの違い。
どのように見分ければいいのでしょうか。

認知症はヒントを与えても思い出せなかったり、やってしまったこと自体をすぐ忘れてしまうことっていうのが特徴です。
特に日常生活を暮らしていく中で支障をきたしているということもポイントになります。家事ができなくなっていたら認知症かなと思ったほうがいいかもしれません。

専門の医療機関に受診していただいて診断を受けることをお勧めします。

続いては、
親と離れて暮らしている場合、どんなことができるのでしょうか?

連絡をとって様子を聞く、帰省する頻度を増やすというのが一つかなと思います。その時に様子がどうなのかを注意深く見るということ。心配ならケアマネージャーや地域の窓口に相談するということが重要ですね。
テレビ電話なら家の様子も見えるかもしれません。家の片付けがどうか、同じものが(必要以上に)置いてないかというのもみるのも大事です。

特に注意が必要なのは高齢者が高齢者を介護する「老老介護」。
道見さんは「悩みを抱え込まず周囲を頼ること」が重要と指摘します。

介護するのにもなかなか体が動かず時間がかかり、逆に介護している人の負担になってしまいます。一人で抱えたりすることでいっぱいいっぱいになり病気になってしまったり、介護うつにもなりかねません。そうならないよう、地域の支援が使えるようにサービスの調整などしていくといいと思います。

※写真は2022年5月30日現在※
認知症に関する悩みや困りごとがある場合には、
病院で相談できる外来や、コールセンターが設置されています。
悩みを抱え込まず専門の機関を活用してみてください。

番組では、ホームページなどで皆さんから介護をめぐる悩みなどを募集しています。
皆さんの声を聞かせてください。

ご投稿はこちらからどうぞ

2022年5月30日


《関連記事》
認知症の“駆け込み寺”

関連情報

身近なもので役立てたい 海難救助に“緩衝材スーツ”

ほっとニュースぐるっと道東!

2022年11月21日(月)午後1時21分 更新

「舞いあがれ!」のモデル 航空大学校って何?

ほっとニュースぐるっと道東!

2022年11月28日(月)午後5時58分 更新

まるで十勝!?帯広の姉妹都市 マディソンをご紹介!

ほっとニュースぐるっと道東!

2023年11月9日(木)午後5時00分 更新

上に戻る