NHK札幌放送局

特産品の魅力をクラフトビールで味わう

道央いぶりDAYひだか

2022年9月13日(火)午後1時38分 更新

「ほっとニュース道央いぶりDAYひだか」道央担当のリポーター、坂井里紗です。 今回の「ななまるマップ」は空知の北竜町です。北竜町といえば…ひまわり!8月には「北竜町ひまわりまつり」も開催され、咲き誇るひまわりが多くの人たちの目を楽しませました。しかし、花の見ごろはもう終わり。今はすべて刈り取られてしまっています。今回注目するのは、ひまわりの「種」です。この「種」から生まれた商品をご紹介します。

訪ねたのは、町内にある温泉施設です。 

物産店には、ひまわりの種を使った商品がいっぱいあります。その中に、ありました!今回紹介するクラフトビール。その名も「HOKURYU CRAFT」。使われているのはひまわり油を作る際に出る種の搾りかすなんです。

実際に飲んでみると、すごく香ばしい味わいです。苦みも強くなく飲みやすいクラフトビール。夏を感じる味がしました!ビール党の私としては大満足、とってもおいしいです。

作ったのは、農家の永井稔さんと、安達明広さんです。永井さんによると、安達さんは友人であり、尊敬できる大先輩だということです。取材中もとても仲がいいのが伝わってきました。永井さんによると、はじめはクラフトビールを作る予定ではなかったそうです。

北瑞穂生産組合 永井稔組合長
「私が北瑞穂というお米を作っていて、その中のプロジェクトで、『お菓子を作ろう』という話になりました。その時に安達さんの方から『ひまわりの油を搾った搾油カス』をお菓子にできないかなっていう提案がありました。」

しかし、うまくはいかなかったそうです。

北瑞穂生産組合 永井稔組合長
「ちょっと難しかったですね。食べて香ばしくていいんですけど、搾油カスは種から絞り上げるので、種の殻がどうしても食感で残ってしまうので。」

お菓子は難しい。そこでひらめいたのがクラフトビールでした。

北瑞穂生産組合 永井稔組合長
「いろんなところでクラフトビールっていうのが作られていますよね。その中でひまわりもあっていいんじゃないかなと。それで札幌市の醸造所を訪ねてお話を伺うと『基本、どんなものでもなれるよ』と言っていただきました。」

実は今回できたクラフトビールはひまわりだけではありません。町の特産である黒千石大豆を使ったものや、黄色い果実が特徴のひまわりすいかを使ったもののあわせて3種類あります。いずれも傷ができたり割れたりして家畜のえさになったり廃棄されてしまったりする規格外品です。クラフトビールを作ったのには、それらを生かしたいという思いがあったといいます。

竜西農場 代表取締役 安達明広さん
「ひまわりの種に限らず、多くの農産物って規格外品っていうのが出てしまうので、それが廃棄されてしまうっていう現状にもったいないなって。それを有効に活用してその製品をPRできたらいいのかな、北竜町の特産品作れればいいなというふうに考えました。」

農産物をおいしいクラフトビールにできないか。相談をもちかけたのは、札幌市の醸造所です。

澄川麦酒 代表取締役 齋藤泰洋さん
「びっくりですね。クラフトビールにしてみようっていう発想がすごいですよね。やったことないものはチャレンジしてみたい。どんなものができるかという楽しみもあるので、じゃあ1回やってみましょうということで、お引き受けした感じなんですよね。」

ひまわり油の搾りかすは、ナッツのような香ばしい味がします。齋藤さんは、それを生かしてビスケットの香りがするモルトとあわせることで香ばしいクラフトビールを作ろうと設計しました。ひまわり油の搾りかすを使ったビールには苦労も。

澄川麦酒 代表取締役 齋藤泰洋さん
「ぐって絞ったカスなのでそれを麦酒を造る鍋に入れると搾りかすが水分を持ってっちゃう。鍋の中が大変なことになって、相当苦労してやっていました。重たいんです。軽い気持ちでかき混ぜられないので、渾身の力で『ハー!』ってやらないとだめっていうのを1時間半やり続けたので、結構苦労していましたね。」

こうして完成した3種類のクラフトビール。8月上旬に発売し、すでに多くの人が飲んでいます。安達さんのもとにも感想の声が届くといいます。

竜西農場 代表取締役 安達明広さん
「飲んだ方から『面白いね』とか『おいしいね』とか、『好きだな』とかいろいろいい感想はいただいていますね。これがきっかけで北竜町に来ていただくだとか、北竜町の農産物を知っていただいて、店頭でお米を選ぶときとかすいかを選ぶときとかに『北竜町産』っていうのを意識してもらえたらなっていうふうに思っています。北竜町をPRしたいなっていう思いでやっています。」

北竜町の新たな特産品「HOKURYU CRAFT」。クラフトビールにかける熱い思いについては、きょう13日(火)午後6時40分からの「ほっとニュース道央いぶりDAYひだか」でご紹介する予定です。ぜひご覧くださいね♪

取材後記

今回は大好きなクラフトビールの取材でした♪永井さんに安達さん、斎藤さんの「HOKURYU CRAFT」にかける熱い思いを伺って、さらにおいしく感じました。さらにこのクラフトビール、味わいだけでなくデザインもかわいらしいんです!とっても癒されました!ぜひお手に取った際にはじっくり見てみてください。「北竜町ひまわりまつり」でも販売し、およそ1000本が完売したといいます。こちらは町内にある温泉施設「サンフラワーパーク北竜温泉」にて買い求めることができますが、ひまわりすいかのものと黒千石大豆を使ったものは、残りわずかです。北竜町に出かけた際には、ぜひ北竜町の新しい特産品、味わってみてください。

道央いぶりDAYひだか
坂井里紗
2022年9月13日

前回は、沼田町で親しまれている加工用トマトについて取材しました♪トマトジュース、濃厚でとっても美味しかったです!こちらも併せてどうぞ!
トマトはおいしさ無限大!

関連情報

ななまるMAP イッキ見!9・10まとめ

道央いぶりDAYひだか

2022年11月1日(火)午後6時49分 更新

トマトはおいしさ無限大!

道央いぶりDAYひだか

2022年9月5日(月)午後5時36分 更新

クラフトビールで地域の歴史を感じて 岩内町

道央いぶりDAYひだか

2022年10月17日(月)午後5時03分 更新

上に戻る