NHK札幌放送局

ウポポイ知名度向上へ大雪像 #アイヌ

ウピシカンタ

2019年8月20日(火)午後1時53分 更新

来年、胆振の白老町にオープンする予定のアイヌ文化の発信拠点、「民族共生象徴空間」の知名度の低さが課題になっているなか、道は来年2月に開かれる「さっぽろ雪まつり」でアイヌをテーマにした大雪像を制作することになりました。

「民族共生象徴空間」=愛称、ウポポイは来年4月にオープンする予定で道は道内外でイベントを開くなど地道な宣伝を続けていますが知名度不足が課題になっています。
オープンまで1年を切る中、道は、来年2月に開かれる「さっぽろ雪まつり」でアイヌをテーマにした大雪像を制作することになりました。
道によりますと大雪像にアイヌ文化に係わるものが制作されるのは初めてで道は、国内外からおよそ270万人が訪れる雪まつりでアピールしたいとしています。
また、8月からは若い世代を意識してSNSで数百万人のフォロワーを抱える国内の「インフルエンサー」に協力してもらいアイヌの食やファッションなど情報を発信すると言うことです。
国は来場目標を年間100万人としていていますが去年内閣府が全国で行った調査で「知らないと」答えた人が9割近くに上り知名度対策が喫緊の課題になっています。

2019年8月18日

関連情報

ウポポイ 開業5月29日目指し延期 #アイヌ

ウピシカンタ

2020年4月7日(火)午後0時20分 更新

ウポポイ感染対策で事前予約制に #アイヌ

ウピシカンタ

2020年7月7日(火)午後0時33分 更新

平取町で国際先住民族フォーラム #アイヌ

ウピシカンタ

2019年10月8日(火)午前10時43分 更新

上に戻る