NHK札幌放送局

小川隆吉さんが死去 アイヌ民族の遺骨返還活動に尽力

ウピシカンタ

2022年7月29日(金)午前11時31分 更新

全国各地の大学にあるアイヌの人たちの遺骨の返還を求める活動に取り組んできた小川隆吉さんが7月25日、札幌市内の病院で亡くなりました。86歳でした。

小川さんは浦河町出身で、いまの「札幌アイヌ協会」となった「北海道ウタリ協会石狩支部」を結成して初代支部長を務めたほか、「北海道アイヌ協会」の前身となった「北海道ウタリ協会」の理事も務めました。
また全国各地の大学に保管されているアイヌの人たちの遺骨を返すよう求める活動にも取り組み、北海道大学で保管されている自らの親族などの遺骨の返還を求めて、2012年に訴えを起こしました。
裁判は2016年に和解し、小川さんの親族たちの遺骨が85年ぶりに故郷に戻り、道内各地のアイヌの人たちが遺骨の返還を求めるきっかけとなりました。

2021年7月28日放送

関連情報

ミュージカルなど通してアイヌ文化への理解を

ウピシカンタ

2021年9月18日(土)午後8時27分 更新

アイヌ神謡集の著者 知里幸恵の生家跡か 登別で見つかる

ウピシカンタ

2022年1月19日(水)午後8時47分 更新

千歳でアイヌ伝統の丸木舟チㇷ゚を約30年ぶりに製作 進水式

ウピシカンタ

2021年10月31日(日)午後10時07分 更新

上に戻る