NHK札幌放送局

屋根の雪下ろし 事故を防ぐには? シラベルカ#36

シラベルカ

2021年1月19日(火)午後1時34分 更新

みなさんからの疑問に答えるシラベルカ! 毎年、積雪量の増加とともに増える屋根の雪下ろし中の事故。12日にも岩見沢市で転落事故がありました。犠牲になるのは高齢者が多く、死亡事故も多発しています。
今回は70代の男性から雪下ろしについての投稿をいただきました。

除雪中、屋根から落下するニュースをよく聞きます。事故防止のためロープを付けて作業したいのですが、どうしたら良いのでしょうか?

事故の度に気になっていて…

投稿いただいたのは札幌市在住の志賀幹男さん(71歳)です。志賀さん自身も一度雪下ろしで屋根から落ちた経験があります。
事故のニュースを聞くたびに解決策はないのかと思い、今回初めてシラベルカに投稿して下さいました。

札幌市在住の志賀幹男さん

志賀さんが毎冬、気になっているのが玄関先や屋根に積もってせり出してくる雪。雪屁(せっぴ)と呼ばれるものです。落ちてきて人に当たったら危ないですよね。

調べるのはシラベルカ取材班の住田達カメラマン。北海道に赴任して、はじめて雪のある暮らしを体験。そんな中で、雪下ろしの事故に出会い、住宅街をまわって雪下ろし中のみなさんの声を集め、「ひやひやしながら雪おろしをする現場」と必要な対策を取材してきました。

そうだったのか!専門家が答えた解決方法とは!?

今回、雪下ろし問題のエキスパート、長岡技術科学大学大学院の上村靖司教授に協力を依頼。一緒に志賀さんのお宅にお邪魔させてもらいました。上村さんは、全国の豪雪地域で長年雪おろしの研究しています。

左・上村教授 中・志賀さん 右・住田カメラマン

雪下ろしをするときにどうやってロープの付ければよいのか知りたいと投稿した志賀さんに上村教授が出したまさかの答えとは!?

その結果は

1月20日(水)18:10~ 放送の
ほっとニュース北海道』

でお伝えします。ぜひご覧ください!

2021年1月19日

シラベルカトップページはこちら

シラベルカへの投稿はこちらから


関連情報

スピードスケート 2つの記録の謎に迫る シラベルカ#43

シラベルカ

2021年3月17日(水)午後0時24分 更新

コロナ禍で変わる転勤・働き方 シラベルカ#42

シラベルカ

2021年4月12日(月)午前11時47分 更新

感染しやすい年代は? シラベルカ#28

シラベルカ

2020年11月5日(木)午後3時59分 更新

上に戻る