NHK札幌放送局

湖の意外な名物!その名も“レイクロブスター”

NHK釧路放送局

2021年9月10日(金)午後6時57分 更新

お久しぶりです。皆さん、元気でお過ごしでしょうか、寺井紀惠です。先日の「おはよう北海道」でお伝えした阿寒湖のレイクロブスター。こちらのブログでもご紹介します!

阿寒湖の意外な名物食材!

釧路根室地方では風が涼しくなり、一気に秋めいてきましたね。暑い夏を乗り切った後にやってくるのが“食欲の秋”。道東の秋は少し短いですが……その分、目いっぱい楽しみたいですよね。

そんな、食べ物がおいしくなる季節。今回は道東の名物料理を取材するべく、阿寒湖にお邪魔してきました。

阿寒湖といえば、雄大な自然の宝庫。湖の底には特別天然記念物のまりもがいることでも知られていますよね。ですが、今回取材したのは知る人ぞ知る阿寒湖の名物、阿寒湖のレイクロブスター
「ロブスター」と名前が付けられていますが、実はその正体はウチダザリガニなんです!!

湖のやっかい者?!ウチダザリガニ

ウチダザリガニについて説明すると、環境省指定の特定外来生物で、阿寒湖に生息しているニホンザリガニなどの在来種を食べてしまったり、まりもにも影響を与えたりする、やっかい者なんです。

このため定期的に駆除されていますが、海外では、実は高級食材として食べられていて、おいしい食材でもあるんです。
そこで阿寒湖でも、地元の漁協が中心となって15年ほど前からウチダザリガニを茹でて販売するようになり、 “知る人ぞ知る名物”になったというわけなんです。
気になるお味はというと、漁協の方いわく「エビとカニの中間くらい」。
中国料理や北欧料理のレストランなどで、食材として活用されているということです。

さまざまなアレンジ料理も

いろいろな料理にアレンジできるという、レイクロブスター。なかでも人気があるのが「レイクロブスタースープ」です。

阿寒湖漁業協同組合が試行錯誤を重ね、うまみたっぷりの濃厚なスープに仕上げて販売しています。

リゾットやスープパスタにも使えて、食卓のレパートリーも増えるかもしれませんね。阿寒湖の生態系を乱してしまうやっかい者を地元の名物にした、ユニークさが印象的だった今回の取材。
阿寒湖に行った際は、おいしく召し上がることが雄大な自然を守ることにもつながる「レイクロブスター料理」に、皆さんも挑戦してみてはいかがでしょうか。

2021年9月10日

ほかの「NHK釧路放送局のアナウンサー・キャスターブログ」はこちら

関連情報

住民の手作りいっぱい「別保駅」

NHK釧路放送局

2021年7月20日(火)午後3時29分 更新

We are クレインズ!今年も放送スタート!

NHK釧路放送局

2021年10月21日(木)午後8時34分 更新

森があるんだ!武佐駅に!!

NHK釧路放送局

2021年10月25日(月)午後6時51分 更新

上に戻る