NHK札幌放送局

【懐かしの鉄路・名寄本線】道北とオホーツクをつないだ70年

道北チャンネル

2022年9月28日(水)午後6時06分 更新

道北オホーツク地方にはかつて鉄道が各地に敷かれ、生活、物流、観光の足として利用されていました。「懐かしの鉄路・廃線紀行」と題して、親しまれていた鉄道の風景を映像で振り返ります。1回目は「名寄本線」です。 (2022年7月放送 )

名寄本線

道北・名寄からオホーツク沿岸の興部や中湧別を経て遠軽を結ぶ重要な幹線でした。興部駅には地元産のホタテを使った名物のお弁当「帆立しめじ弁当」がありました。
石北線が開通し、新旭川から遠軽を経て網走に抜けることができるようになると、名寄本線は道北とオホーツクを結ぶ大動脈の役目を終えました。利用するのは朝夕の通学の高校生ばかりになり沿線の駅も次々と無人化。昭和59年に名寄本線の累積赤字はおよそ65億円にも達しました。
そして平成元年4月、名寄本線はとうとう廃止となりました。70年にわたって走り続けた名寄本線。沿線に住む人々の心には、今もその姿が刻まれています。

2022年は日本に鉄道が開通して150年の記念の年。鉄道は北海道の発展に貢献しました。道北オホーツク各地の懐かしの鉄路を改めて振り返ります。
美幸線 「日本一の赤字」を逆手に奮闘
根北線 わずか13年で幕を閉じた

NHK旭川では、道北オホーツク地方に関連する番組のご紹介はもちろん、自治体の広報担当者が自ら撮影した地域の旬の話題「ふるさと自慢」、地域でがんばる事業者を応援するプロジェクト「コロナに負けない」、プロバレーボールチーム・ヴォレアス北海道の選手たちの素顔に迫る「推しヴォレ」、家族で楽しめるさまざまなスポットを紹介する「キッズとおでかけ」、地域の課題の解決に向けたヒントを探る「地域の課題」などのコンテンツを発信しています。
すべて気になるかたは「道北チャンネル」のバナーから


関連情報

【ふるさと自慢】 興部町「持続可能な酪農 バイオガスプラン…

道北チャンネル

2022年12月6日(火)午後4時05分 更新

ロコだけが知っている「疲れを癒やそう!ご当地サウナ&ビール…

道北チャンネル

2022年7月1日(金)午後4時08分 更新

旭川医科大学 西川祐司新学長に聞く

道北チャンネル

2022年4月26日(火)午後6時41分 更新

上に戻る