NHK札幌放送局

「とうや」を食べてみれば どうや?

道央いぶりDAYひだか

2022年9月30日(金)午後5時03分 更新

こんにちは!「ほっとニュース道央いぶりDAYひだか」道央担当のリポーター、坂井里紗です。9月も最終日。札幌市では秋の風物詩である「オータムフェスト」が終盤を迎えています。道産子としても、3年ぶりにおいしい祭典が大通公園を彩っていて「食欲の秋がようやく戻ってきたな~」とうれしい気持ちでいっぱいです。さて、「おいしい祭典」が行われているのは札幌市だけではありませんよ!今回紹介するのは空知の由仁町。今年とれたばかりのジャガイモ、「新じゃが」をテーマに催しが開かれていると聞いて、いてもたってもいられず行ってきました!

その名も「ゆに新じゃがフェスティバル」。どんな催しなのか、役場で聞いてみることにしました。教えてくれたのは、主催する「由仁いもブランディング委員会」の窪田裕司委員長です。

由仁いもブランディング委員会 窪田裕司 委員長
「町内の飲食店18店舗に協力していただきまして、由仁町でとれたおいしいジャガイモ『とうや』を調理して皆様に楽しんでいただく企画になります。新じゃが=今年とれたばかりのおいしいジャガイモです。『とうや』は万能なじゃがいもで、どんな料理にも合わせることができます。また、この地域で一番最初にとれるジャガイモなんです。」

実は由仁町を含む「JAそらち南」は、種芋の出荷量が日本一。全国各地に種芋を届けています。そんなジャガイモをPRしようと、それぞれの店舗で「とうや」を使ったオリジナルのメニューを提供しています。

由仁いもブランディング委員会 窪田裕司 委員長
「由仁町のジャガイモをもっとみんなに知っていただきたいというところから始まったイベントとなっております。また、コロナ禍で町内の飲食業者や観光事業者はかなりの痛手を被りまして、応援するという意味でおいしいジャガイモを皆さんに召し上がっていただいて、観光客を誘致したいという思いがあります。」

早速参加している飲食店に伺いました!まず訪ねたのは「Café Tanto」です。

四角く切った「とうや」を鶏の胸肉などと混ぜて炒めていきます。できた料理はガパオライスです。

口に運ぶと、「とうや」にココナッツミルクとナンプラーの味わいがじっくり染み込んでいました。さらに、「とうや」がほろほろと口の中でほぐれていきます。豊かな味わいでした。

その名も「じゃがパオライス」です。「とうや」は混ぜても煮崩れしにくく、ガパオライスにも使いやすい品種なんだそうです。

「Café Tanto」金子環さん
「もともとガパオライスがとても人気メニューだったので、今回由仁町の新じゃがと合わせてみようと思いました。『とうや』というジャガイモ、特に新じゃがなので煮崩れがしづらいのと、味がよく染み込むと思って作ってみました。いろんなおいしい農産物があるので由仁町の農産物のPRになればいいなと思っています。」

こちらのお店では、テイクアウト限定で「とうや」とミートソースを合わせたポテトミートパイも提供しています。サクサクとした食感がたまりません!

続いて伺ったのは「畑のレストラン ひら里」。

カリカリに焼いた「とうや」とサケを合わせた料理に―。

「とうや」と鶏肉に赤ワインを合わせたホワイトソースとチーズをかけた料理。

また、食後のデザートとして「とうや」をペースト状にして作ったプリンも提供しています。

さらに、気になったのがこちらのハンバーガー。挟まっているのは「とうや」と、ニンジンや玉ねぎを使って作ったポテトサラダです。優しい甘さでなめらかな食感のポテトサラダと肉のガツンとした食べ応え。とてもおいしかったです!

ポテトサラダを挟んだハンバーガーは以前からレシピを練っていたそうです。

「畑のレストラン ひら里」広瀬菜摘さん
「ハンバーガーにはポテトがつきものなので、サラダにして合わせてもすごくおいしそうだなと思って考案しました。ハンバーガーは結構がっつり系だと思うんですけど『とうや』はちょっとあっさりしているので重すぎず、マッチしているかなと思います。」

町内18店舗で提供されている「とうや」を使ったメニューはあわせて50以上。およそ1か月間、食べ歩きを楽しむことができます。

由仁いもブランディング委員会 窪田裕司 委員長
「お店によって味付けもメニューそのものもかなりバラエティーに富んでいますので本当に楽しめると思います。一度だけでは食べきれませんので何度も繰り返し来ていただければ。」

由仁町で開催中の新じゃがを使った「おいしい催し」については、きょう30日(金)午後6時40分からの「ほっとニュース道央いぶりDAYひだか」でご紹介する予定です。ぜひご覧ください!!!

取材後記

今回「ゆに新じゃがフェスティバル」について詳しく教えてくれたのは、由仁町・産業振興課の高橋牧菜さんです。50以上あるメニューのほとんどを食べたそうで、お店や料理、「とうや」の魅力を詳しくたっぷり教えてくれました。そんな高橋さんが教えてくれたのですが、実は、このイベントにはもう一つの楽しみ方があるんです。スマートフォンを使ったスタンプラリーです!店舗でスマートフォンをかざしてスタンプをゲット。応募して当たった人は特典がもらえます。その特典とは…もちろんジャガイモ!さすが新じゃがフェスティバルです。また、今回感じたのは由仁町の皆さんの温かさです。紹介した2つのお店とも、とても親切に丁寧に料理に込めた思いを教えてくださいました。どちらも畑や田んぼの真ん中にあるお店です。自然を感じながら、温かいお店の方々のメニューに込めた思いを聞いて、さらに料理がおいしく感じられました。フェスティバルの特設ホームページではそれぞれの飲食店が提供しているメニューが紹介されています。どれも「とうや」の味や食感を生かしたものばかり。主食にもデザートにもなるジャガイモが秘めた可能性や多様性を改めて感じられますよ。イベントは来月(10月)23日まで。「食欲の秋」!ぜひ由仁町で食べ歩きしてみては♪

道央いぶりDAYひだか
坂井里紗
2022年9月30日

前回は、北竜町の特産品を使ったビールを紹介しました。ひまわりの種がビールになるなんてビール好きの私も取材をしてみて驚きでした!ビールに込められた思いについてもぜひ読んでみてください!
特産品の魅力をクラフトビールで味わう

関連情報

人も動物もチャレンジ!室蘭水族館の春

道央いぶりDAYひだか

2022年4月21日(木)午後0時49分 更新

苫小牧で新たなカーリングの楽しみ方誕生!

道央いぶりDAYひだか

2023年1月24日(火)午後4時40分 更新

5月の「ななまるMAP」イッキ見!

道央いぶりDAYひだか

2022年6月1日(水)午後0時40分 更新

上に戻る