NHK札幌放送局

【ふりかえり】十勝ワダオン12/9まで聴き逃し配信中

神門 光太朗

2021年12月2日(木)午後6時05分 更新

メガネがくもりがちな季節になり、表情もくもりがちな、NHK帯広放送局アナウンサー神門光太朗です。

12月2日(木)の『十勝の話題と音楽』では
奈良県のラジオネーム 畜大卒業生さん(64歳)からのメッセージを紹介しました。

らじる★らじる聴き逃しは、12月9日(木)午後6時まで配信中です。

「今から40年前、畜大(帯広畜産大学)で農機具の復元作業に携わった際、NHKテレビの取材を受けました。そのときの映像が残っていませんか?」

ワタシ、倉庫を探しました。

ガサゴソガサゴソ。

見つかりませんでした。

次に、NHKアーカイブスを検索しました。

カタカタカタカタ、パーンッ。

見つかりませんでした。

しかし!
なんと、映像ではなく、農機具を見つけました。
取材の結果、畜大卒業生さんが復元した農機具は、「とかち農機具歴史館」(帯広市川西町)に展示されていることがわかったのです。

ワタシ、川西町に向かいました。

ラジオネーム 畜大卒業生さんが復元させた農機具は「畜力噴霧器」といいます。

この「畜力噴霧器」を馬に引かせることで、車輪の動きがクランクロッドを通じてポンプに伝わり、タンクから除草液などを噴霧する仕組みになっています。
発動機ではなく馬の力(=畜力)を使って農作業をしていた時代。昭和10年代から30年代にかけて十勝の畑で活躍していたとのことです。
ラジオネーム 畜大卒業生さんは、「40年ぶりに対面してナデナデしたい」とおっしゃっていました。

十勝が“農業王国”と呼ばれるようになったのには、農機具の進化が欠かせませんでした。
その歴史の一端を担った「畜力噴霧器」を、今こうして間近に見ることができるのも畜大卒業生さんが復元してくださったおかげ、そしてその後も関係者が手入れをしながら大切に保存してくださっていたおかげです。
ありがとうございます。

「とかち農機具歴史館」は冬季休館中ですが、事前に「見たいです」と申し込めば見学対応してくださるそうです。(月曜のぞく。午前9時~午後5時)

今回は40年前と今とがつながった「おんこちしんとかち」コーナー。
あなたからのメッセージをお待ちしていますよ。「昔のアレが今はどうなっているかなぁ」「以前、NHK帯広から取材を受けたことがあるんだけど、その映像・音声が残ってないかなぁ」など、みんなで故きを温ねて新しきを知りましょう。
このほか、「農家さんに質問して農家さんに答えてもらおう」(十勝の農家さんへの質問募集!)
「うちに取材にきてもいいぞ」(神門が取材に行くコーナー)
「十勝に似合う音楽リクエスト」(十勝の風土に合いそうな曲を募集。自由な発想で! こじつけ歓迎)
「十勝なぞかけ」「十勝回文」などもお待ちしています。

「うちに取材にきてもいいぞ」コーナーは、あなたの連絡先(電話番号かメールアドレス)をメッセ―ジにお書き添えください。私がちっちゃな録音機を持ってひとりでうかがいます(※十勝地方のみ)。

「十勝の話題と音楽」へのメッセージはこちらから▼

次回の『十勝の話題と音楽』は、2022年1月6日(木)午後4時05分から放送予定です。

【追伸】
先月、札幌市のかでるホールで公開収録した朗読イベント「北の文芸館2021」
12月19日(日)午後2時からNHK FM(北海道)で放送します。
らじる★らじるで[札幌]を選択すれば、全国でお聞きいただけます(聴き逃し配信も実施予定)。


「十勝の話題と音楽」特集ページへ
NHK帯広放送局ホームページ トップへ

関連情報

どこなに旅「鶴居村」

神門 光太朗

2022年4月28日(木)午後6時50分 更新

【予告】次回12/2 十勝の話題と音楽と179市町村と

神門 光太朗

2021年11月15日(月)午後7時12分 更新

ありがとう段ボール!

神門 光太朗

2022年4月11日(月)午後4時46分 更新

上に戻る