NHK札幌放送局

ひるナマ+「プロ直伝!“シューケア”のコツ」

ひるナマ放送記録

2020年3月5日(木)午後6時39分 更新

ゲストは、靴磨き職人 林田直樹(はやしだ・なおき)さん

札幌市内の靴磨き専門店の靴磨き職人、林田直樹さんに、春に向けて、革靴の手入れ、靴磨きの仕方を伺いました。靴磨きをすることで革靴に適度な水分と栄養が保持され、乾燥で生じるひび割れが防げます。また、表面のワックスにより雨や水の浸透を抑えることもでき、ホコリやゴミからも守ってくれます。

靴磨きはまず、ブラッシング。革靴を靴磨き用のブラシで、靴全体のホコリや汚れをまんべんなく落としていくところから始まります。また、ステッチの間のホコリもかき出していきます。

続いて靴磨き用のクリーナー液で汚れ落とし。以前塗ったワックスや革の栄養クリームを落としていきます。メイクで例えるなら洗顔でスッピンにするイメージです。使用する布は、着なくなったTシャツなどを2本指に巻いて行うとやりやすいです。コツは優しく、こすりすぎず、円を描くように。革にツヤが無くなったらOK。

革靴の汚れやワックスなどを落としたら、革に栄養クリームを塗り込みます。メイクで言うなら乳液を塗るイメージ。靴磨き用の乳化性クリームを塗り、革に栄養を与えます。ポイントは指に少量つけて、指で全体に塗り込みます。指で行えば、革への浸透具合を確認しながら塗り込むことができます。特に足の甲や履きジワやキズのある部分を意識し、クリームが革に吸収され伸びなくなるまで塗ります。

最後に、靴の輝かせたいところに靴用の油性ワックスを塗り、お好みの輝きに磨いて輝かせます。
つま先とサイド、カカトを中心に指で塗り込み、水を数滴垂らしてネル生地の布で伸ばしていきます。ネル生地は短い起毛があり、塗ったワックスや栄養クリームを拭き取ることなく伸ばすことができます。

革靴は、気が付いたら手入れを行う事が肝心で、手をかければかけるほど魅力が増すのが、革靴の楽しいところだと語っていました。

さらに、春に向けて今、履いている冬靴のケアの仕方も伺いました。冬靴などを来シーズンに向けてしまう場合は、靴箱に入れて保存しない事。靴箱に入れると中でカビが発生する事があり、ブラッシングなどで汚れを落としてから、下駄箱や風通しのいい所に保存します。
また、靴を型崩れから守る、シューキーパーを活用するのも重要で、木製のものなら湿気をとる効果もあります。

放送日 2020年3月5日(木)


関連情報

ひるナマトークスペシャル『難病を乗り越えて 音楽の力を伝え…

ひるナマ放送記録

2020年3月12日(木)午後6時21分 更新

ひるナマトークスペシャル『世界が認めた! 網走発こだわりジ…

ひるナマ放送記録

2020年9月2日(水)午後6時18分 更新

ひるナマトークスペシャル『小さい村から世界一へ! ~江丹別…

ひるナマ放送記録

2021年5月25日(火)午前11時26分 更新

上に戻る