NHK札幌放送局

福島町がクマの捕獲・駆除を決定 地元猟友会が山林巡視開始

ヒグマ情報

2021年7月6日(火)午後9時24分 更新

福島町のやぶの中でクマに襲われたとみられる遺体が見つかったことを受け、町はクマを捕獲・駆除することを決め、7月6日から地元の猟友会が現場近くの山林で巡視を始めました。

7月2日、福島町白符のやぶの中で遺体が見つかり、その後の調べで遺体は女性で死因は外傷性ショックだったことから、警察はクマに襲われたとみています。
また、警察や町などによりますと現場の近くにはクマのふんがあり、クマが掘ったとみられる穴や遺体を草で隠したような状況なども見られたということです。

町はこうした状況や5日に行われた専門家の調査などを受け、クマを捕獲・駆除することを決め、6日から地元の猟友会のハンターが現場近くの山林の巡視を始めました。

ハンターによりますと6日はクマの姿は見られなかったということで、7日も引き続き巡視を行うということです。
現場近くに住む70代の女性は「クマは恐ろしいです。人の味を覚えてまた来るかもしれないので早めに捕獲してほしい」と話していました。

2021年7月6日

関連情報

津別町で女性2人クマに襲われけが 警察が注意呼びかけ

ヒグマ情報

2021年8月7日(土)午後7時50分 更新

#市街地目撃情報まとめ 26日 札幌市北区あいの里の住宅地…

ヒグマ情報

2022年4月27日(水)午前8時10分 更新

羅臼町で駆除のヒグマ 飼い犬8匹襲った個体と判明

ヒグマ情報

2022年7月15日(金)午後6時39分 更新

上に戻る