NHK札幌放送局

コンサドーレキャンプ②小柏剛 “チーム内得点王目指す”

ほっとスポーツプラス

2021年1月21日(木)午後8時09分 更新

北海道コンサドーレ札幌の沖縄県での1次キャンプは21日で4日目。それぞれの選手が今シーズンの戦いに向け、着々と調整を進めています。そのなかで、記者が注目した若手の選手をシリーズでお伝えします。2回目は、今シーズンから正式に加入したフォワードの小柏剛選手。自身が定めた高い目標に向けて、キャンプでは試行錯誤を繰り返しています。
(札幌局 阿久根駿介)

味方とイメージを共有する

小柏選手は、明治大学から加入した群馬県出身の22歳。鋭いドリブルを武器としている身長1m67cmのストライカーです。去年3月に加入が内定し、8月以降は、公式戦に出場できる強化指定選手として、5試合に出場しましたが、いずれも得点を奪うことはできませんでした。

「去年は、ゴール前でボールを呼び込みながら走り込むコースにしても、自分がちょっと違うコースを走っていたり、味方の選手とイメージが共有できていなかった」。

そこで、このキャンプでは、細かくパスをつなぎながらシュートを決める練習では、自分がゴール前に走り込んでいくコースをパスを出す選手に把握させるため、積極的に声を出して位置を伝えています。
さらに、味方の選手の特徴を把握しようと練習後などに選手と積極的に話して
コミュニケーションを図っています。

「自分を知ってもらうとともに味方の選手を理解することで、協調性を持って、攻撃の崩しなどができるようになると思う。ペトロヴィッチ監督の戦術を理解をしたうえで もっとこのチームに溶け込んでいきたい」。


激戦ポジションでスタメン奪取

今シーズン、小柏選手がレギュラー獲得を目指すポジションは、「シャドー」。「シャドー」とは、フォワードとミッドフィルダーとの間に位置し相手のディフェンスにマークを付けられないように自由に動き回りながら、フォワードの選手の後ろから常に攻撃を狙う、攻撃的かつ高い技術を持つ選手が任されるポジションです。コンサドーレ札幌は昨シーズン、このポジションで出場したアンデルソン・ロペス選手がチーム最多の9得点。さらに、チームの中心選手である、駒井善成選手のほか、「タイのメッシ」と呼ばれるチャナティップ選手などがいて、レギュラーを奪うのは簡単ではありません。

「キャンプに来るまでにゴール前で落ち着いてプレーすることや、決定力の精度を大学で磨いてきた。外国人の選手に限らずこのポジションにはいい選手が多くいるが、このキャンプで自分のよさを存分に発揮して勝ちたい」。


目指す目標は高く

今年からは学生ではなく、プロの一員として自覚を持って責任のあるプレーをしっかりやっていきたいと力強く話す小柏選手。今シーズンはレベルの高い目標を
掲げています。

「プロ1年目ですけど、自分から主体性を持ってやっていき、試合に出て得点を重ねて、『チーム内得点王』を目指していきたい」。


チームの選手とのコミュニケーションは、練習場のみならずホテルやバスの中などでも行っているという小柏選手。大学屈指のフォワードの加入はチームのさらなる競争力の活性化、ひいてはチーム力のアップにつながると感じました。今シーズンの小柏選手の活躍に期待したいです。

関連情報

パラ4大会連続出場 常に高みを目指して

ほっとスポーツプラス

2021年7月14日(水)午前11時21分 更新

コンサドーレ 1週間は自宅待機

ほっとスポーツプラス

2020年4月14日(火)午後8時11分 更新

小野×鈴井 対談完全版! その①「おかえりなさい小野選手」

ほっとスポーツプラス

2021年3月23日(火)午後6時35分 更新

上に戻る