NHK札幌放送局

北海道9区 戦いの歴史 最近の選挙結果は

衆院選2021

2021年10月6日(水)午後1時57分 更新

道内で小選挙区の数が12になった43回選挙から前回の48回選挙までの「北海道9区」を振り返ります。 室蘭市や苫小牧市を中心とした胆振・日高の全域が選挙区です。

43回(2003年/平成15年)

民主党の鳩山由紀夫氏が14万1000票以上を得て、自民党の岩倉博文氏ら2人を抑えて6回目の当選を果たしました。
岩倉氏は、42回選挙ではこの北海道9区で2000票台の票差で鳩山氏に敗れ、比例代表で復活当選していました。
この43回選挙は、11万9000票近くを得ましたが、鳩山氏とは2万2000票以上の差が開き、重複立候補した比例代表でも復活当選できず議席を失いました。
鳩山氏は、岩倉氏に室蘭市で2万票近い票差でダブルスコア以上の大差をつけたほか、登別市や伊達市でも引き離しましたが、当時の20町村で岩倉氏を上回ったのは3つの町と村にとどまりました。
一方、岩倉氏は鳩山氏を苫小牧市と17町村で上回りましたが、その票差は苫小牧市でおよそ1000票、17町村はいずれも1000票未満でした。
有権者数の多い室蘭市の“貯金”で鳩山氏が勝利したかたちでした。

44回(2005年/平成17年)

民主党の鳩山由紀夫氏がおよそ15万票を得て、自民党の岩倉博文氏ら2人を抑えて7回目の当選を果たしました。
岩倉氏の得票は13万1000票余りで、岩倉氏はこの44回選挙も重複立候補した比例代表で復活当選はなりませんでした。
鳩山氏は、室蘭市で1万8000票余りの票差と岩倉氏にほぼダブルスコアの大差をつけたほか、登別市や伊達市でも岩倉氏を上回りました。
一方、岩倉氏は、苫小牧市で5000票以上の差を鳩山氏につけました。
当時の20町村では、鳩山氏が6町村、岩倉氏が14町村でそれぞれ相手を上回りました。
43回選挙同様、市部でまとまった票を稼いだ鳩山氏に対して、岩倉氏は「広く」「浅く」“貯金”をつくったかたちでした。
岩倉氏はその後、2006年に苫小牧市長に転身します。

45回(2009年/平成21年)

民主党の鳩山由紀夫氏が20万1000票以上を得て、自民党の川畑悟氏ら新人3人を抑えて8回目の当選を果たしました。
川畑氏の得票は7万9000票余りで、2人の間にはダブルスコア以上の大差がつきました。
鳩山氏は合併前の2町にわかれて開票が行われた新ひだか町を1つと数えて、18すべての市と町で川畑氏を大きく引き離しました。
室蘭市では2万8000票近く、苫小牧市では4万1000票余りの差が開きました。
この45回選挙で鳩山氏が党代表を務めた民主党は政権交代を果たし、鳩山氏は総理大臣に就任しました。

46回(2012年/平成24年)

民主党への逆風の中、自民党の堀井学氏が12万1000票余りを得て、民主党の山岡達丸氏ら3人を抑えて初当選を果たしました。
祖父は自民党初代総裁の鳩山一郎元総理大臣、父は鳩山威一郎元外務大臣という政治家一家に育ち、1986年(昭和61年)の38回選挙で衆議院議員に自民党公認で初当選したあと、北海道で当選を重ねた鳩山由紀夫氏。
小選挙区制が導入された41回選挙以降も北海道9区で5連勝してきた鳩山氏は、選挙の直前に突然、引退を表明しました。
民主党は45回選挙では比例代表単独で立候補して初当選した元NHK記者の山岡氏を擁立しました。
山岡氏は、6万1000票以上の得票で堀井氏にほぼダブルスコアの差をつけられ、重複立候補した比例代表でも復活当選できず議席を失いました。
堀井氏は18市町すべてで山岡氏を上回り、苫小牧市では1万7000票以上、室蘭市と道議会議員時代の選挙区だった登別市では9000票近い差をつけました。

47回(2014年/平成26年)

自民党の堀井学氏が9万8000票近くを得て、民主党の山岡達丸氏ら2人を抑えて2回目の当選を果たしました。
山岡氏の得票は8万6000票余りで、堀井氏と山岡氏の票差は46回選挙よりも縮まりましたが、山岡氏はこの47回選挙でも重複立候補した比例代表で復活当選できませんでした。
堀井氏は、苫小牧市で山岡氏におよそ4000票の差をつけたほか、登別市でも山岡氏を2000票余り上回りました。14の町はすべて堀井氏が山岡氏を抑えました。
一方、山岡氏は、堀井氏を室蘭市と伊達市で上回りましたが、この2市あわせても“貯金”は1000票余りにとどまっていて、選挙区全体では堀井氏が山岡氏に1万1000票以上の差をつけました。

48回(2017年/平成29年)

自民党の堀井学氏が10万9000票近くを得て3回目の当選を果たしました。
希望の党から立候補した山岡達丸氏は8万8000余りの得票で、重複立候補した比例代表で2回目の当選を果たし衆議院議員に返り咲きました。
希望の党は比例代表の北海道ブロックでは1議席を獲得していて、山岡氏のみが復活当選しました。

この48回選挙で道内では、民主党の流れをくむ民進党の候補者は、立憲民主党、希望の党、無所属にわかれて戦いました。
共産党は、“野党共闘”した立憲民主党が候補者を擁立した選挙区では公認候補を取り下げましたが、「希望の党とは連携できない」として、希望の党の候補者が立候補した選挙区では候補者を出しました。この北海道9区では松橋千春氏を擁立しました。
野党側が一枚岩になれなかった中、堀井氏は18市町すべてで山岡氏を上回り、苫小牧市では5000票近く、登別市では3000票以上、室蘭市では1000票以上の差をつけ、選挙区全体では2万票以上の差となりました。

このよくとしの2018年、道内では3人の参議院議員が継続して所属していた民進党に希望の党が合流するかたちで国民民主党が結成されました。山岡氏はこの国民民主党に参加しました。
さらに、2020年、立憲民主党と国民民主党などの合流新党「立憲民主党」に山岡氏は参加しました。

2021年10月6日

衆院選 北海道クロニクル これまでの戦い

衆議院選挙 北海道内の各選挙区の過去の戦いぶりを振り返ると、何が見えてくる?

関連情報

番外編! 投票率上げるコトバ考えてみた

衆院選2021

2021年11月25日(木)午後3時35分 更新

北海道7区 戦いの歴史 最近の選挙結果は

衆院選2021

2021年10月6日(水)午後1時58分 更新

出口調査から考えてみた 【投票率考えてみた。】

衆院選2021

2021年10月31日(日)午後10時25分 更新

上に戻る