NHK札幌放送局

「ウポポイ」開業から1か月 #アイヌ

ウピシカンタ

2020年8月13日(木)午後5時08分 更新

白老町にあるアイヌ文化の発信拠点「ウポポイ」が先月12日にオープンしてから1か月となり、新型コロナウイルスの影響で入場制限を続ける中、感染拡大を防ぐための対策を最優先にして運営することにしています。

「ウポポイ」にはオープン以来、1か月に、3万5000人あまりが訪れました。平均では土日・祝日はおよそ1800人、平日はおよそ1000人が来場しています。
オープンから1か月となる12日、ウポポイの對島運営本部長が会見し、「感染症対策で利用人数を制限しているので、しっかりとアイヌ文化を感じてもらうためには今ぐらいの人数が望ましい」と述べ、目標としている年間100万人の来場者数にこだわらず、感染予防策を最優先にする考えを示しました。

一方で、訪れた人からは「インターネットで事前に予約する方法が分かりづらい」、「屋内プログラムが人数制限でなかなか入れない」などという声が寄せられているということで、ウポポイでは予約の周知方法やプログラムの回数の見直しなどを検討したいとしています。
また、小中学校と高校の修学旅行では、道内を中心に680校、6万6000人近くの予約が入っているということで、9月からは児童や生徒に向けたプログラムも始まるということです。

ウポポイ 對島運営本部長
「アイヌ文化の理解には近くで触れたり見たりすることが大変役に立つと思うので、博物館や体験プログラムで状況を見ながら、本来予定していた体験ができるような形に近づけたい」

地元の町では

白老町ではウポポイの開業が町のにぎわいにつながると期待されていますが、訪れた人に町内を回ってもらい、経済効果をどう生み出していくかが課題となっています。
白老町によりますと、ウポポイがある白老駅北側に町が整備した「インフォメーションセンター」には2万9000人あまりが訪れ、アイヌ文様をあしらったグッズや土産品の売り上げも好調だということです。

一方、先月から町が新たに始めたウポポイと町内を巡る「交流促進バス」の利用者は1日平均で15人にとどまり、白老駅南側にある商店街を訪れる人も増えていないということです。
地元の商工会は、ウポポイを訪れる人の多くが車で移動する道内からの客のため、ウポポイを見学したあとそのまますぐに帰ってしまう人が多いのではないかとみています。

このため商工会は、車で来た観光客に商店街を訪れてもらうため、新たに駐車スペースの設置や町内の見どころを紹介するマップの作成を検討することにしています。

白老町商工会 熊谷会長
「ウポポイを訪れた客が商店街まで来ていないのが現状だ。白老町は通過型の観光地だが、ウポポイをきっかけにお客さんを引き止めたい」

2020年8月12日

ウピㇱカンタ あちこちで(アイヌ関連情報まとめ)

関連情報

札幌でアイヌ工芸品の販売会 #アイヌ

ウピシカンタ

2019年9月17日(火)午後6時01分 更新

義経神社でアイヌ伝統の舞 #アイヌ

ウピシカンタ

2019年10月15日(火)午後0時50分 更新

ウポポイ 修学旅行予約が急増 #アイヌ

ウピシカンタ

2020年7月1日(水)午後3時09分 更新

上に戻る