NHK札幌放送局

知里幸恵の生涯を映画に 東川町で製作発表 7月から撮影へ

ウピシカンタ

2022年5月20日(金)午前11時44分 更新

アイヌ文化の伝承に大きな役割を果たした知里幸恵の生涯を題材にした映画を上川の東川町が企画し、19日に製作発表が行われました。

アイヌの人たちに伝わる物語を集めた「アイヌ神謡集」の著者、知里幸恵は6歳の頃から両親と離れて旭川市で過ごし、19歳の若さで亡くなってことしで100年となります。
旭川市の隣の東川町はアイヌの人たちが「神々の遊ぶ庭」とあがめる大雪山系・旭岳があり、アイヌ文化の振興に力を入れていて、今回、幸恵の生涯を題材にした映画を企画しました。
19日の製作発表で、監督・脚本を務める札幌市出身の菅原浩志さんは「この映画がいじめや差別を受けている人たちの力になればと思います」と話していました。
また、800人の中からオーデションで選ばれた主演の吉田美月喜さんは「誇りとすばらしい考えを持って生きた生涯をしっかり伝えていきたい」と意気込みを語りました。

映画「カムイのうた」は来年秋の公開を予定していて、ことし7月から旭岳や幸恵の出身地の登別市などで撮影が行われます。

ウピㇱカンタ あちこちで(アイヌ関連情報まとめ)ページへ

関連情報

釧路市が 阿寒湖畔のアイヌ文化紹介 ショートムービー制作

ウピシカンタ

2021年11月22日(月)午後1時22分 更新

千歳 アイヌの人たちが国有林利用可能に 伝統的道具など制作

ウピシカンタ

2022年4月5日(火)午前11時55分 更新

鷹栖町の森で アイヌの伝統的な家チセの建て替え

ウピシカンタ

2022年6月21日(火)午後8時02分 更新

上に戻る