ページの本文へ

NHK北海道WEB

  1. NHK北海道
  2. NHK北海道WEB
  3. 道南web
  4. 100年続く函館・中島廉売の老舗理容店!

100年続く函館・中島廉売の老舗理容店!

  • 2023年11月17日

函館市民の台所、中島廉売。そこにたたずむ1軒の理容店“ヘアーサロン・ワダ” 創業はなんと大正10年!今年で102年目!函館で最も古い理容店と言われているんです。 

4世代続く理容師一家

そんなお店を切り盛りしているのが、和田さん家族。
店主の和田英彰(わだ・ひであき)さんに 妻の千恵美(ちえみ)さん。そして息子の卓(すぐる)さんです。曾祖父の時代から続く理容店には、何世代にもわたって数多くの常連客が訪れるそうです。

同じ商店街で働く果物屋さんは、親子3代で通う常連客です。

常連客
小さいころから髪切るっていうと、ここにきています。
うちのお母さんや、ばぁちゃんも顔ぞりに来ますよ!

老舗理容店のちょっと変わったメニュー

和田さんたちの自慢は、散髪や顔ぞりの技術だけではないんです。
その1つが“包丁研ぎ”もともと理容師の商売道具であるハサミを研いでいたところ、常連客から包丁を研いでほしいと頼まれたのがきっかけ。
今では息子の卓さんが、1本1本丁寧にお客さんから預かった包丁を研いでくれます。このためだけにお店に来るお客さんもいるとか!

更に、こんなものも!
これは店主の英彰さんが作った“手作りの耳かき”
毎日使う仕事道具で、市販品よりも使い勝手がいいんだとか。
お客さんからの評判も良く、自分用に購入していく人も多いんだそうです。

定休日でもお客さんのために

和田さんたちは、定休日でもお店をあけることがあります。
こちらの女性は、恵山地区から来た常連客の三好明美(みよしあけみ)さん85歳。

三好さん
昔から床屋っていったら、ここに来るもんだと思っているの!
ここじゃなきゃダメなんだ~。

2,3か月に一度、英彰さんの送迎付きで、恵山から通っています。
この日はカットとカラーに顔ぞりまで!仕上がりの感想は?

三好さん
めんこいババァになったぞ~

和田さん一家が思う、お店が長く続く秘訣。それは、

お客さんへの感謝を忘れないことだそうです。

和田千恵美さん
家族でけんかをしていても、お客さんがいらっしゃった瞬間に消えてしまう!全部お客さんのおかげ。
けんかしないのも、仲直りできるもの、会話が楽しいのも全部お客さんのおかげなんです。

100年続く中島廉売の老舗理容店には、今日も笑顔があふれていました!

取材・文 NHK函館ディレクター 芳賀有悟

NHK函館放送局トップへ戻る

ページトップに戻る