NHK札幌放送局

下川編 1 週目 下川町の魅力が詰まった「キャビン」に宿泊してみた

ローカルフレンズ制作班

2023年2月9日(木)午後1時52分 更新

こんにちは!ディレクターの小林です。「ローカルフレンズ滞在記」という番組の企画で、2 月まるまるいっぱい、下川町に滞在しています。静岡出身の私、実は寒さが大の苦手。しか もまだ北海道に来たばかりで、今回が初めての冬・・・。マイナス30度になることもある という下川の冬の寒さに不安な気持ちでやってきました。確かに、とっても寒い!でも出 会う人々の心はほかほかで、毎日あたたかい気持ちになっています。
今回は、寒さに弱い私が宿泊した小さなお宿「キャビン」での体験談を個人的に綴っていきま す!

朝、散歩しようと外にでるものの・・・

滞在初日の朝。いざ、下川町を探索しようと外に出てみたもののあまりの寒さに引き返して しまいました・・・分厚いダウンの下にたくさん着込み、カイロを体中に貼りつけて、もう 一度出直すことに。でも、散歩を始めて気がついたのは私以外に歩いている人がいないとい うこと。あとから気がつきましたが、下川町の建物の室内はどこもとても暖かくて、外に出 たくなくなっちゃうほど快適なんですね!私は散歩中に 2 回も転んで、体に大きなあ ざができてしまいました(泣)。

下川の厳しい寒さに耐えるディレクター・小林


あったかキャビンで心も体もほかほかに!

そんなわたしが今回宿泊した宿がこちら!雪景色の中にぽつんと立つ小さな宿「キャビン」 です。

キャビンの外観

中に入ってみると・・・

室内はとてもあたたかいです。ふ~これでひと安心。

宿のオーナーは静岡出身の移住者

この宿のオーナーは 2020 年、下川町に移住した大石陽介さん。私と同郷の静岡県出身だそ うです。

大石陽介さん プロフィール
小学校の教諭を経て、青年海外協力隊(JICA)としてモンゴルで教育活動に携わる。帰国後、下川町が募集した起業型地域おこし協力隊に応募。現在は宿「A frame cabin lwor」の運営をするほか、旅行者や移住者に下川町での暮らしを体験してもらう「ぐるっとしもかわ」というツアーを提供している。

大石さんが提供している、下川を知るツアー。町を訪れた人の興味に沿って、農家や木工職人など町の人たちのもとに案内するというものです。この日も、「林業の町、下川町を感じたい!」という私の要望に沿って、林業の現場などを案内してくれました。

林業の現場

さらに、大石さんが約半年をかけてつくったのが、旅の拠点となる小さな宿。大石さんの幼いころからの夢は、「子どもとかかわる仕事をすること」「海外で仕事をすること」「宿を経営すること」の3つだったと言います。教員とモンゴルでの青年海外協力隊という経歴で、2つの夢を叶えた大石さん。残る1つの夢を叶えるべく宿の経営を決意したんだとか。

キャビンはなんと自分の手で作ったと言います。町の製材会社に安く提供してもらった建材を切りそろえて作成しました。


町の人と一緒につくりあげたキャビン

キャビンの建設を始めると、次第に町の人が手伝ってくれるようになりました。今回の「ローカルフレンズ」の塚本あずささんもその1人です。

町の人がキャビンの建設を手伝ってくれたという

「もともと大工作業が大好きなんです。下川に来てから毎年何か作っていて、建設会社の社長からも大工になれと言われるくらい。楽しかったですね。」と塚本さん。大石さんには、自身が営むサロンの改装を手伝ってもらっていたこともあって、そのお礼の気持ちもあったそう。町の人がお互いに支え合っているんだなと下川町らしさを感じました。


新しい気づきが得られる宿泊体験を

「キャビンは、宿泊した人が新しい気づきを得られる場所にしたい」と大石さんはいいます。 そんなキャビンには、たくさんの「下川町の魅力」が詰まっていました。常備してあるお茶は 塚本さんのカフェ「二十日−はつか−」のオリジナルブレンド。他にも、下川で作られたオイルや木工品 に心が癒やされます。

塚本さんが営むカフェ「二十日−はつか−」のブレンドティー

マイナス 10~15 度の夜にバケツに水を入れて作るアイスキャンドルは、大石さんが前日の 夜に作ってくれました。寒さが苦手な私でしたが、寒いからこそ見られる、できる経験があ るということは、新しい「気づき」になりました!

アイスキャンドル


そして迎えた朝

朝、窓の外には素晴らしい景色が広がっていました。運が良ければ窓の外にシカなどの動物を見ることもできるそうですよ。私は起きてすぐにスノーシューをはいてキャビンの裏の森を散歩しました。

キャビンの窓からみえる風景

キャビンの裏の森を散歩しました

下川滞在を始めてあっという間の一週間。気がつけばこの雪景色が大好きになっています。 これからどんな出会いが待っているのか、まだまだ楽しみです!

来週もよろしくお願いします!

2023 年 2 月 8 日 札幌局ディレクター 小林美月


関連情報

ローカルフレンズ滞在記 Web

ローカルフレンズ制作班

2024年2月19日(月)午前11時30分 更新

【完全版】火山も湖も!自然豊かな壮瞥に暮らした1か月

ローカルフレンズ制作班

2024年1月10日(水)午後3時00分 更新

フードトラックで出会ったのは……?

ローカルフレンズ制作班

2022年6月16日(木)午後5時52分 更新

上に戻る