NHK札幌放送局

コンサドーレキャンプ①中島大嘉 “伸二さんからすべてを吸収したい”

ほっとスポーツプラス

2021年1月20日(水)午後2時26分 更新

北海道コンサドーレ札幌の沖縄県での1次キャンプは20日で3日目。 各選手が今シーズンの戦いに向け、着々と調整を進めています。そのなかで、記者が注目した若手の選手をシリーズでお伝えします。1回目は、今シーズンから正式に加入したフォワードの中島大嘉選手。あどけない表情もみせるチーム最年少の18歳は このキャンプで さらなる成長を目指しています。
(札幌局 阿久根駿介)

力の差を感じた昨シーズン

中島選手は身長1m88cmの長身ながら50mを6秒で走るスビードが武器のストライカーです。しかし、去年8月に加入が内定した後、公式戦にも出場できる特別指定選手に登録されましたが、試合に出ることはできず、チームの練習に参加した際には技術面で力の差を感じたといいます。

「去年、試合に出たかったというのはあるんですけど、プロサッカー選手として最低限必要な能力が足りないということはわかっていた。なので、そこまで『試合に出れないことをなんでやねん』とは思っていなくて、頑張らないとと思っている」。

そこで、今シーズンはキャンプに入る前、母校、長崎県の国見高校で特に能力として足りないと感じたパスを正確に止めたり、相手の求める場所にパスを出す、
「足元の技術」を中心にトレーニングをしてきたといいます。

キャンプで小野選手に初対面

キャンプでも課題の「足元の技術」の向上を目指していこうとしていたなか、驚がくしたのは、元日本代表で41歳のベテラン、小野伸二選手の熟練のボールさばきでした。

「ボールを止めて蹴る技術がすごすぎて・・。サッカーめちゃくちゃうまい人って全部簡単そうにプレーするんです。教科書のような人だと思う」。

親子ほど年齢の離れた小野選手からすべてを吸収したいとキャンプでは体幹トレーニングなどの機会に隣のポジションを確保するなど、積極的にコミュニケーションを取ろうとしています。

「さすがに伸二さんレベルの技術は無理ですけど、少しでも近づけたら自分の身体能力に足元の技術が付いたら最強だと思うので、すべてを吸収して伸ばしていきたい」。

足元の技術を伸ばし、髪も伸ばす!?


中島選手のトレードマークは『坊主』。本人も『坊主』へのこだわりをみせていて、1週間に1回は切りたいと話しています。
一方で、長所のスピードを生かした得点力の高さに加え、足元の技術が『伸びて』活躍できたらあるもくろみがあることを明かしてくれました。

「早く試合に出るというのが直近の目標なので、開幕戦から出れるようにこのキャンプを大切にしようと強く思っていますが、プロの公式戦で10得点を決めたら、髪を『伸ばして』かっこつけたいなと思います」。

周囲からは「無邪気で少年みたいなところがいい」と評される中島選手。
取材も満面の笑みで応じてくれてとても素直な人柄だと感じた一方、練習では厳しい表情でボールや相手と向かい合う様子が印象的でした。
また、18歳ながら自分の立ち位置を明確に把握し、課題を克服していこうという姿に活躍への期待を感じました。ぜひ『伸び伸び』と成長していってもらいたいです。


関連情報

田中賢介さんは今季の日本ハムをどう見たか?

ほっとスポーツプラス

2020年11月11日(水)午後6時00分 更新

日本ハム ルーキー伊藤大海は “野球の虫”

ほっとスポーツプラス

2021年2月8日(月)午後5時37分 更新

名勝負列伝② 伝説のサヨナラ満塁弾を再び!

ほっとスポーツプラス

2020年5月20日(水)午後3時34分 更新

上に戻る