NHK札幌放送局

「君に見せたい縄文がある」洞爺湖町編

番組スタッフ

2021年12月23日(木)午後5時39分 更新

カナダ出身のシャーボノー フィルさん。旅好きのフィルさんは、北海道や東北を中心に日本の文化に触れてきました。
「第2のふるさと」と言うぐらいフィルさんにとって洞爺湖町は大好きな場所。いろんなスポットを知るフィルさんと一緒に縄文の世界へLet’sGo!

出演者・翻訳家 シャーボノー フィルさん

カナダ出身のフィルさん。日本の文化に魅了され、ワーキングホリデーを使用して6年前に来日。北海道内や東北を旅して回っていた時、洞爺湖に出会い、第2のふるさとと思うくらい大好きな土地になったフィルさん。
自然豊かで、その自然や恵まれた食材を大切にしている洞爺湖の人々に惚れているそう。
「日本に住むなら洞爺湖町以外は考えられない」くらい洞爺湖町に惚れている。いろんな景色を知っているフィルさんの目線で縄文の魅力を伝えてもらいました。

1日では遊びきれない洞爺湖の魅力を紹介。
洞爺湖の周辺は国立公園になっていて散歩できるのはもちろん、ユニークなフォトスポットもなまら(たくさん)ある。

見て!洞爺湖の遺跡は貝塚がたくさん!

洞爺湖には、高砂貝塚と入江貝塚と呼ばれる2つの遺跡があってたくさんの貝塚が見つかっている。
貝塚とは、食べたものの骨や貝殻が積み重なってできた場所。ホタテやアサリという貝類、カレイやマグロなどの魚骨。そしてイルカやエゾシカなどの哺乳類が多く出土した。

ここでフィルさんからQuestion!

「縄文人にとって貝塚はどんな場所だったとおもう?」

正解は!ただ食べたものを積み重ねていただけではなく、お墓なども見つかっていることから命あるものに感謝する神聖な場所だったと考えられているよ。

1つ目の遺跡、高砂貝塚では貝塚が見つかった場所にホタテの貝殻を置いて再現している。この下には、もっともっと不思議なものが埋まっているかも!?

また、もう1つの入江貝塚では発掘した貝塚の表面をそのまま展示していて間近で見ることができる。

ここの貝塚では哺乳類や魚の骨が多く、白い貝殻が少ないことから黒い貝塚と呼ばれている。ほかの貝塚と比べて主食が貝殻から哺乳類などへ変わったのがこの時代から分かる。

(イルカの骨)

見て!めんこい・トーヤくん

入江貝塚の入り口には、口をポカンとあけてタレ目の銅像が!
洞爺湖町のトーヤくん。実際は土偶として見つかっていて小さくてめんこい。
アイドルとして売り出し中なのでみんなに覚えてほしい土偶の1つ。
ほかにも動物の歯?に似ているものやイノシシの顔?をしたユニークな出土品も!

何に使われていたか、何を表現しているのか?想像するのが楽しい。

(左が愛称・トーヤくんと呼ばれている土偶)

入江・高砂貝塚館
0142-76-5802

食べて!温泉街で洞爺湖グルメ

「温泉街では次々と新名物が生まれているよ」

洞爺湖の温泉街では、洞爺湖に魅了された若い移住者が多く北海道の厳選した食材を使ったお店をOPENさせている。
中でもフィルさんが大好きだというのが、ボリューム満点のハンバーガー。
明るく楽しい店員さんとも仲良し。ここのハンバーガーが世界一おいしい!

(明るくテンション高めの店員さんとお話するだけで元気をもらえる!)

Hydune(ハイドゥン)
080-5835-1085

他にも洞爺湖では魅力的なグルメがたくさんあるから食べてみて。

体験して!洞爺湖温泉

「最後は温泉でゆっくりするっしょ!」

洞爺湖の温泉は濁っていて保温・保湿効果があると言われている。あがったあとも体の芯からポカポカ。
そして何より洞爺湖を眺めながら入れるのが、フィルさんお気に入りの理由。

「なまらぜいたくでしょ!」

もう1つぜいたくなのは、洞爺湖で打ちあげる花火!これが、4月下旬から10月の期間中は毎日見ることができる。
フェリーに乗って湖上から見るもよし!ホテルの部屋から見るもよし!温泉に入りながら見るもよし!と楽しみ方はさまざま。

ぜいたくな時間を過ごせるよ!

今回おじゃました洞爺湖温泉は

洞爺 湖畔亭
0570-026571


関連情報

「君に見せたい縄文がある」 青森 八戸市編

番組スタッフ

2021年8月18日(水)午後7時10分 更新

五輪マラソン、その日 (2)札幌・北区

番組スタッフ

2021年8月26日(木)午後5時59分 更新

縄文体験 石おので木を切ってみた 前編

番組スタッフ

2021年7月6日(火)午後4時50分 更新

上に戻る