NHK札幌放送局

ハイプレスで勝ち上がれ!

ほっとスポーツプラス

2020年2月18日(火)午前10時20分 更新

コンサドーレが昨シーズン果たせなかったACL出場を実現するためには何が必要なのか。キャンプで見えてきたキーワードが「ハイプレス」です。

MEMO 失点を克服せよ
コンサドーレとACL出場を決めた上位3チームとの違い・・・。それは失点です。その差、10点以上。得点は遜色ないチームにとって、失点を減らすことが、上位進出に向けた至上命題になっています。

新戦術ハイプレス

ミシャ監督は、昨シーズンのリーグ最終戦の直後に、「来シーズンは守備を鍛える。1対1での強さを高めなければ上位には食い込めない」と、就任以来初めて守備への危機感を口にしました。守備を強化し、攻守に隙のないチーム作り・・・。そのために、このキャンプで、監督が打ち出した新たな戦術が「ハイプレス」です。相手のゴール前、相手ディフェンスの選手たちがボールを回し始める早い段階から激しく圧力をかける守備です。

攻撃のための守備

ハイプレスでは選手の運動量が増え、非常に負担が大きくなります。しかし、相手ゴールに近い位置でボールを奪うことができ、すぐに攻撃を始めれば得点のチャンスを増やすことができます。
この「ハイプレス」の徹底で、失点を減らすだけで無く得点のチャンスを増やして「超攻撃的サッカー」を進化させるのがミシャ監督の狙いです。

ボールを使った練習で選手たちに、厳しいプレスを要求。ミニゲームではプレスをかける方向やタイミングなど具体的な方法を教え込んでいました。

荒野拓馬選手
「ボールを奪われたあとも、すぐ取り返してまた攻撃するという、本当に攻撃のための守備だと思う」
駒井善成選手
「体力的にはすごく大変な戦術だと感じているが、もしこの戦術を身につけることができれば絶対に上位にいけると思う」

ハイリターンだけどハイリスク

ハイプレスをしっかり機能させることは、簡単ではありません。タイ・キャンプでの蔚山現代との練習試合。韓国Kリーグの強豪でACL出場チームです。コンサドーレの「ハイプレス」に対して、相手はロングボールでかわしてきました。背後の広いスペースを突かれて失点。0対2で敗れ、手応えをつかむことができませんでした。

90分の試合を通して高い運動量を維持できなければ、ハイプレスは甘くなり、一気にピンチになります。

走り勝て!タイトルのために

タイに続いて沖縄でのキャンプで、ミシャ監督は走り込みを徹底しました。飛行機移動してきた初日に空港から競技場に直行してインターバル走。必要なのは、試合の最後まで「1対1」に負けない体力なのです。
このキャンプでもっとも印象的なミシャ監督の言葉は、

「この程度のプレスではチャンピオンにはなれない!」

でした。

ミシャ監督
「球際であったり予測であったり、どう対応しなければいけないかと言うことを、選手たちにはしっかり見つめてほしい。今シーズン、我々は、昨年を上回る結果を残さなければならない。タイトルを取るために成長していきたい」

2020年2月17日

次週予告
次のコンサドーレ特集は20日(木)。東京五輪代表を狙う、菅大輝選手と田中駿汰選手に注目です! ともにA代表での招集を経験。インタビューで2人が答えた言葉で共通していたのは、「危機感」でした。なぜ?

2月20日 ほっとニュース北海道 午後6時10分~

トップページへ戻る


関連情報

細心の注意を払って 練習再開

ほっとスポーツプラス

2020年4月6日(月)午後0時41分 更新

コンサドーレ 今季の経営に危機感

ほっとスポーツプラス

2020年4月24日(金)午後9時35分 更新

三上GMに聞く #コンサドーレ の現在地

ほっとスポーツプラス

2019年12月31日(火)午前8時30分 更新

上に戻る