NHK札幌放送局

藤丸“建て替えも選択肢”

ほっとニュースぐるっと道東!

2023年2月10日(金)午後5時30分 更新

藤丸の再建をめざす新会社の村松社長が記者会見し、既存の建物を取り壊して建て替えることも選択肢として検討していく考えを明らかにしました。会見の詳しい内容です。


既存の店舗 建て替えが選択肢

我々は藤丸の灯をつなげていきたい。まちから消したくない。決して館を廃墟にしたくない。そしてここまで122年続いてきたこの藤丸、この従業員の皆さんの努力に報いていきたい。「そら」の米田氏は去年4月から、私は去年の11月からこの課題、山積する問題に取り組んでまいりました。そうした中、多くの方々から声をいただいています。「藤丸は帯広のまちの灯です。その灯を消さないでほしい」「私の子どもや、その子どもの世代に藤丸のレガシーを残してほしい」そういう熱い声をたくさんいただいています。そしてその多くの声の中に、建て替えを望む声が多く含まるということであります。耐震化をして一時的に館の寿命は伸ばしてもやはり10年後、20年後、また新たに改装、または建て替えの必要性が出てきます。であるならば、ここで建て替えをして、この藤丸のレガシー・ブランドを50年、100年先まで見据えた建て替えをすべきじゃないかという声を多くいただきました。そこで、我々は建て替えを1つの選択肢として、地権者の皆さん、金融機関の皆さん、行政の皆さん、建設会社の皆さん、そういう方々と建て替えを1つの選択肢として相談をしていきたいと決めました。

“マンションなど複合施設に”

ちょうど1月31日藤丸が閉店をした日、東京の渋谷で東急百貨店本店がやはり同じタイミングで閉店しました。渋谷では複合施設になるという風に聞いております。我々も建て替えをした後に商業スペースに加えて、住居・医療・オフィス等を含んだ複合施設を建てたいという風に考えております。
今、現行の藤丸は整理に向けて、債務処理に向けて動いています。これが しっかり終わった形の後での話になりますので我々は関係者と建て替えを含んだ相談をしていきたいということになります。整理を含んだスケジュールになりますので、その後の話になりますので、建て替えが進行する、新たな藤丸が再度開店するというのは、3年後、5年後、6年後、その先になってしまうかもしれません。ただ、我々は粘り強く、この藤丸の灯を消さない、この素晴らしい十勝の顔である街中、これの素晴らしい未来を描くために微力ですが貢献していきたいという風に考えます。

再建まで仮店舗も

新たな藤丸が開店するまで時間が多少ありますので、その間地域の皆さん、商店街の方々とも連携して、藤丸ブランドをどこかのスペースに展開する、または仮店舗を作る、こんなこともしていきたいという風にも思っています。とにかく我々は藤丸の灯を消さない、街中の将来、明るい将来に尽力していきたい。その一念でありますのでぜひご理解のほどよろしくお願いしたいと思います。応援お願いします。

“新事業の自由度高い”

耐震・改装の場合は新藤丸の再スタートのための時間が短いというというメリットがあります。ただ、デメリットとしては10年後、20年後にもう1回改装なり、建て替えという課題が出てくる必要性が出てくるということはございます。そして、今の建屋の枠組みの中でコンテンツを入れていかないといけませんので。用途の自由度が非常に限られてしまう。建て替えの場合、50年以降も含めて、藤丸のレガシーを残すことができることがメリット、そしてゼロベースで 新しい事業を展開する自由度が発生するということであります。ただし、開店までは時間少しがかかってしまうということがデメリットとしてあります。

「食」「暮らし」の要素を

藤丸だけではまちづくりはできません。帯広のまちづくり全体の中での藤丸、新しい館ということをコンセプトに考えていきたいなという風に考えています。食に加えてですね、暮らしの要素も広く入れることができるのかなという風に思っています。
ここで暮らす、十勝・帯広で暮らすみなさんの声を反映させていきたいという風に考えます。今後のスケジュールはまずは債務処理。精算に関わる手続きを完了したうえで
建築的なアプローチを施して、竣工に向けて進んでいくと言うことになります。


《藤丸の歴史と、これからの再建の動きをまとめました》
どうなる“藤丸” 特設サイト
《関連記事ピックアップ》
デパート再建のカギは?再開したデパートを徹底取材
【ショートコラム】藤丸前のシカの像 正体は?
藤丸なぜ閉店?再建できるの?担当記者が答えます!
藤丸閉店で地元への影響は?“夏の風物詩”への影響も懸念
みんなの"藤丸"の思い出
"藤丸"閉店 1日の動き
NHK帯広放送局ホームページ




関連情報

釧路江南高校

ほっとニュースぐるっと道東!

2022年11月1日(火)午後5時53分 更新

半導体人材が足りない!釧路で育成に力入れる高専

ほっとニュースぐるっと道東!

2023年12月11日(月)午後4時58分 更新

標津町の高校生が給食考案 メニューに込めた思いとは

ほっとニュースぐるっと道東!

2023年12月28日(木)午後1時45分 更新

上に戻る