NHK札幌放送局

#ナナメの場 歌公開!アフタートークも

ナナメの場

2021年7月12日(月)午後4時50分 更新

「ラジオ #ナナメの場」の番組中、MCのまえだゆりなさんがリスナーのみなさんからのメッセージをもとに歌を作りました!ずーちゃんが名付けた曲名は「北極星」。歌と歌詞、そして2人がそれぞれ歌とタイトルに込めた思いをお届けします。
放送日:2021年7月6日
(#ナナメの場 ホームページはこちら)

トークをもとに歌作り

「ラジオ #ナナメの場」収録中、MCのまえだゆりなさんが、ノートにこんなメモをしていました。

言葉や文章、コード進行…“歌作り”のためのメモです。
今回、うたうたい(シンガーソングライター)であるゆりなさんが、リスナーのみなさんやゲストとのトークをもとに歌を作るコーナーを企画しました!

歌のもとになった、番組でのトーク内容はこちら↓
リスナーのみなさんからの投稿とトーク
ゲスト・凪良ゆうさんとのトーク 前編後編

番組の最後、ゆりなさんが思いを込めて歌った歌に、もう一人のMCずーちゃん(水野莉穂さん)が「北極星」と名付けました。
まさに #ナナメの場 みんなで作った歌、こちらからお聞きください↓

北極星(みんなのうた #ナナメの場ver.)
/まえだゆりな&ずーちゃん&リスナーのみなさん

帰りみちすれ違うあなたの
顔を少しだけ覗いてみたこと
ひとの数 ストーリー 果てしない
それでもつながる 僕らのこの毎日を

一人きりでも歩いた夜の道を
僕らはいつだって旅をしている
一歩踏み出して

ナナメの僕らが出逢えたら
少しだけ世界が彩るような
糸電話のばして あなたまで届くかな
キラキラ越えてゆけ きみの願い

つまずいた日々も くすぶっている今も
どこかで僕だけじゃないってことを
思えたら 願えたら
少しだけ優しくなれるかな

ナナメの僕らが出逢えたら
少しだけ世界がキラキラ鮮やかに彩るかな
糸電話のばして きみに会いに行こう
いつだって どこだって
つながるナナメの僕ら
この星空越えて きみの想い
輝く日まで


歌とタイトルに込めた思いは?

ゆりなさんはどんなことを考えながら歌を作ったのか?ずーちゃんはなぜ「北極星」と名付けたのか?番組中に話しきれなかった思いを、放送終了後のアフタートークで鈴木遥アナウンサーが2人に聞きました。

鈴木)時刻は9時57分になったところ。番組が終わって2分後です。
ずーちゃん)わぁアツい!
ゆりなさん)まだホットですね。
鈴木)どうでした?今日の番組。
ずーちゃん)もうあっという間過ぎて...!
ゆりなさん)あっという間でした。
ずーちゃん)2時間も経ったんだね。
鈴木)まずは興奮冷めやらぬ所でいくと、ゆりなさんの歌!
ゆりなさん)ありがとうございました!
ずーちゃん)サビをちょっと聞けるぐらいなのかなと思ってたら、まさかのフルで一曲あって、そんな作れるもんなんだと思って。
鈴木)あれはある程度こう作るとかじゃなく、あふれ出てくるものなんです?
ゆりな)感動したことや心に残ったことをふだん曲にする事が多いんですけど、今回この番組ですごく悩んでいることとか、感じていることとかをたくさんコメント送ってくださって。すごく分かるなっていう気持ちとか、なかなか言葉で伝えにくい部分をちょっと歌にできたらいいなと思って。何を歌ったか全然覚えてない...!
ずーちゃん)今日はずっとこの収録聴きながら曲作ってたなら、まだ分かるんですけど。全部トークに参加してたのに、いつ作ったんだろうって思って!
でも今日のこのラジオを聴いてくれてた人は、ここの部分ってあの話か、あの人のこの話か、とかいろんな情景が浮かぶものになってるから、聴いてる人と私たちの特別な一曲になったなって感じますね。

鈴木)そんな曲にずーちゃんは「北極星」というタイトルを。
ずーちゃん)土壇場でパッて思いついたのが、「北極星」っていうタイトルだったんですけど。歌詞の中にも星空とか、私の今回のイラストも夜空があって、その中に糸電話っていうのもあったんですけど。
あとは、凪良さんの小説の中でも、ラジオネーム・北極星さんからのメッセージに主人公の人が救われるっていうところがあって、それもすごくリンクしてきたし、縦とか横とかが息苦しいなって思った時に、北極星を見つめながらみんなで歩いていったら、もしかしたらナナメの場がそこにあるかもしれないっていう。その何かの道しるべの1つにこのラジオも場になったらいいなって思いでタイトルを付けました。
ゆりなさん)わぁ、すごい!素敵!!
鈴木)ふたりの合作です。
ずーちゃん)合作って呼んででいいのか。ねぇ。
ゆりなさん)私が考えてたらそんなのタイトルを浮かばなかった。すごく言ってることが私の伝えたかったこととリンクしてて。2人で番組ができてよかった、すごいなと思う。リスナーとの投稿のやり取りから曲が生まれて、その曲についてタイトルを付けたら、今度はぴったり合ってたと。
ずーちゃん)そうですね。ちょっと感想とかも見てみたいですね。
やっぱりゆりなの歌声がすごくまっすぐだから、届いてくるんですよね。そこそこ、そこが埋まってないところ、そこ!みたいなところをパズルのピースみたいに、ぴたっ!って、ばんそうこうみたいに止めてくれるのが大好き。

鈴木)今日の曲の中で、ここはこんな思いがありましたっていうのをひとつ紐解いてお話しいただけるとしたらどんな点ですか?
ゆりなさん)送って下さったメッセージに共通してるかなと思ったのは、こういうことがやってみたいけどまだできていないとか、どうやってやったらいいか分からないっていうメッセージが何件かあったなと思ってて。
私自身もそうだし、きっとみんな共通して感じてることで、まだもっと何かやってみたいのにっていう部分がきっとある。そんな人に一歩踏み出してもらえるような何かになったらいいなと思って歌を紡いでた気がします。
ずーちゃん)うん、うん。背中をグッて押される感じがありますよね。ちょっと前のめりになっちゃいましたね。きいていて。
鈴木)ずーちゃんは今日の投稿とかお便りでグッときたものをあげるとすれば。
ずーちゃん)私も(投稿者さんのお話にあったとおり、)何かこういう事やりたいんだよなっていうモヤモヤから実際に場所を作って仲間を作ってっていうのをやってた一人であったので。ああそうだよな、この気持ちだなと思ってね。
そういう気持ちで思ってる時って、自分一人で塞ぎ込んでしまうものだけど、こうやって吐き出してくれる人がいることで、聞いた人があぁそっかそっか、私だけじゃないよなと。なんか別にそれでいいんだよなっていう。本人にとっては悩みなのにそれが誰かにとっての力になっていたりとか、糸電話の言ってる人から届く人に伝わるころには悩みだったものがまた新しい勇気だったりワクワクに変わってるっていうのはすごく素敵なものだったなと思いました。
鈴木)この番組がそういった皆さんのナナメの場になれたらいいですね。
ずーちゃん)またできたらいいな。
鈴木)そうですね。またキャンペーンは引き続きやっていきますので。また何か機会があったら、番組を盛り上げながらナナメの場をみんなで作っていきましょう。
ずーちゃん)いろんな人とおしゃべりがしたいです。

#ナナメの場 トップページへ


関連情報

#ナナメの場 トーク「居心地のいい空間」

ナナメの場

2022年9月14日(水)午後6時33分 更新

#ナナメの場 みんなでつくろう、もうひとつの居場所

ナナメの場

2023年4月7日(金)午後5時00分 更新

ミュージシャン・「ズーカラデル」吉田崇展さん ゲストトーク…

ナナメの場

2021年10月21日(木)午後1時03分 更新

上に戻る