NHK札幌放送局

シラベルカ#13 まるでナスカの地上絵 「碁盤の目」の正体とは!?

シラベルカ

2020年6月26日(金)午後4時58分 更新

みなさんの疑問を調べるシラベルカ! 第13回目のテーマは、30年ぶりに北海道に戻り中標津町を訪れることになった50代の 男性からの依頼です。 

50代男性
「地図アプリで見たところ、巨大な碁盤の目が存在していることに気づきました。 まるで、ナスカの地上絵やピラミッドに匹敵するくらい壮大なものです」

それは、いったいどのようなもので、なぜ作られたのでしょうか?


巨大な碁盤の目に記者が迫る!

この問題に挑んだのは、地元で生まれ、おいしい牛乳を飲んで育った中標津支局の原田記者です。碁盤の目の大きさは、実際にどれくらいなのか、体を張って調べます!

ロードメジャーをひたすら、コロコロ。「けっこう、歩く・・・。」
40分歩いてわかった碁盤の目の1辺の大きさは驚くべきものでした。


北海道出身のあの有名人から貴重な情報を入手!

巨大な碁盤の目について詳しいことを知る中標津町の学芸員をたずねました。
北海道の歴史と深く関係しているようです。

さらに、調査を進める原田記者。
意外な人物にたどり着きました。

その人物とは誰なのか!?そしてどんな情報を手に入れたのか!?

その取材結果は・・・

6月29日(月)放送の
ほっとニュース北海道

での報告をぜひご覧ください!

2020年6月26日

シラベルカ トップページへ

関連情報

シラベルカ#17 観光都市 札幌のランドマークといえば?

シラベルカ

2020年7月22日(水)午後5時34分 更新

8歳の男の子から質問 #シラベルカ

シラベルカ

2020年3月27日(金)午後8時01分 更新

シラベルカ#20 夕焼けは見る場所で色が変わる?

シラベルカ

2020年8月21日(金)午後5時12分 更新

上に戻る