NHK札幌放送局

”アイヌのサケ漁”巡って協議 #アイヌ

ウピシカンタ

2019年7月19日(金)午後10時53分 更新

アイヌ民族が伝統的に行っていた、川でのサケ漁が、道の許可を得なければできないことを不満とするアイヌの男性と道が、19日、話し合いを持ちましたが、双方の主張は折り合いませんでした。

アイヌ民族が伝統的に行っていた川でのサケ漁は、現在では、儀式などに限って、特別な許可を道から受ければ行えることになっています。
このため、去年には、サケ漁はアイヌ民族の権利だとする、紋別アイヌ協会の男性が無許可で漁をしようとして警察に阻まれました。
これを受けて、19日、札幌市内で男性と道の担当者が協議を行い、この中で、男性は、来月に予定している先祖供養の儀式に合わせて、許可を申請せずに川でサケを取ると通告しました。
これに対し、道の担当者は、規則で定められたとおりに許可を取らなければ、漁は認められないと説明し、双方の主張は折り合いませんでした。
ことし5月に施行された、アイヌ施策推進法では、アイヌの伝統的な漁法の継承のため、サケ漁に対する規制の緩和措置が設けられた一方、あくまでも自治体などの許可が必要であるとしていて、一部からは、民族の権利として自由な漁を認めるべきだとの指摘も出ています。

2019年7月19日

関連情報

再建シャクシャイン像お披露目 #アイヌ

ウピシカンタ

2020年10月19日(月)午後0時08分 更新

無許可でサケ漁 アイヌの権利保障求め活動継続 #アイヌ

ウピシカンタ

2020年7月7日(火)午後1時43分 更新

直木賞にアイヌ主人公の「熱源」 #アイヌ

ウピシカンタ

2020年1月21日(火)午後8時09分 更新

上に戻る